収入のない専業主婦でも作れる家族カードでの現金化

収入がなくてもつくれる家族カード

クレジットカードを発行するためには収入がなければ審査に通らないため基本的に作ることができません。

しかし、一般のクレジットカードであれば、例外的に専業主婦や学生でも作ることができるクレジットカードが多く発行されています。

また収入のない専業主婦がクレジットカードを利用する方法としては、家族カードもあります。

一般カードと家族カードではどちらにメリットがあるのでしょうか?

まずは家族カードとは何かということから解説しましょう。

家族カードとは?

家族カードとは?

ほとんどのクレジットカードでは追加カードとして家族カードを発行することができます。

家族カードは単独では発行できないので、家族カードを作るには家族カードが追加できるクレジットカード(親カード)を持っている必要があります。

また、家族カードを申込できる家族には次の条件があります。

親カード会員と生計を共にする

  • 配偶者
  • 子供(18歳以上で高校生を除く)

生計を共にしていれば、別居している大学生でも家族カードを作ることができます。

ただし、家族カード発行の条件は各クレジットカード会社によって違うので、申込前によく確認しましょう。

家族カードの特徴

家族カードの特徴

一般カードと家族カードではどのような違いがあるのでしょうか?

基本的に家族カードでも親カードと同じサービスを利用することができますが、さらに次のような特徴があります。

  • 入会審査がない
  • 年会費が安い
  • カード利用の請求は親カード会員に行なわれる

家族カードの利用代金の請求は親カード会員に対して行なわれるので、家族カードの申込者の返済能力は無関係となり入会審査は行なわれません。

そのため無職であっても家族カードを持つことが可能です。

年会費も安くなっていて親カードの年会費が1,250円の場合では400円~500円の年会費が一般的です。

年会費無料カードは基本的に家族カードの年会費も無料です。

グレードの高いクレジットカードでは無料という場合や、一般カードでも1名は無料というケースもあります。

家族カードに上記のような特長がありますが、一般カードでも申込できる主婦はどちらを利用したほうが便利でしょうか?

家族カードと一般カードのどちらを選ぶか

クレジットカードの比較

専業主婦でも作れる一般カードもあるので、家族カードとどちらを作ったらいいか迷うかもしれません。

2つを比較してどちらのメリットが大きいか検証してみましょう。

一般カードと家族カードの比較

一般カードと家族カードの違い

  1. 一般カードは自分で支払うが、家族カードは親カード会員が支払う
  2.  一般カードの年会費のほうが高い
  3. 家族カードのほうがカード利用枠を大きく使える
  4. 家族カードは一部サービスに制限がある
  5.  家族カードで貯めたポイントは親カードに付く

一般カードと家族カードの選び方

家族カードの請求は親カード会員が支払うのでメリットがあるように思えますが、それは家族カードの利用内容がすべて親カード会員にわかるということにもなります。

つまり家族カードでは内緒の買い物はできません。

また主婦が一般カードを作るとカード利用枠は10万円~20万円が限度となりますが、家族カードは親カードのカード利用枠の範囲内で利用できます。

ゴールドカードやプラチナカードなど利用枠の大きいカードほど、家族カードの利用枠も大きくなります。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえた上での結論としては、家族にもオープンな買い物をする場合は家族カード、自分だけで使いたい場合は一般カードを選びましょう。

もちろん家族カードと一般カードの併用も可能です。

家族カード利用の注意点

家族カードの注意点

家族カードを利用する場合は、事前に注意点を確認しておく必要があります。

●カード利用枠

まず、家族カードの利用枠は親カードの範囲内となるので、あらかじめ利用枠を振り分けておくことが大切です。

特に家族カードの発行枚数が複数になる場合は、利用枠の話し合いが必要です。

クレジットカードの中には、家族カードの利用枠を個別に設定できるカードもあるので、そうしたカードも検討しましょう。

●ポイント

請求はすべて親カード会員に行なわれるという点も充分に理解しておきましょう。

カード請求書では親カード会員と家族カード会員の利用は区別されているため、子供の使いすぎをチェックできるメリットもあります。

しかし、ポイントも親カード会員に付くので、家族カード会員は個別にポイントの還元をすることはできません。

ポイントの使い方も家族で話し合っておきましょう。

家族カードのメリットや注意点についてはおわかりいただけましたか?

特に主婦にとっては一般カードの少ない利用枠で使うよりは、家族カードのメリットが大きいでしょう。

ゴールドカードやプラチナカードの家族カードであれば、一般カードでは利用できないサービスでも家族カードで利用できます。

配偶者がグレードの高いクレジットカードを持っている主婦は家族カードを検討してみましょう。

家族カードでのショッピング枠現金化はできる

家族カードでのショッピング枠現金化

クレジットカードのショッピング枠で資金調達することが可能な現金化サービスは原則的に本人名義のクレジットカードのみしか利用することはできません。

たとえば収入のない専業主婦が旦那名義のクレジットカードを利用現金化したくても断られるでしょう。

なぜなら本人が了承を得ないままクレジットカード決済を行った場合、「身に覚えのない請求」としてトラブルに発展する可能性があるからです。

そのためどこの現金化業者でも本人名義以外のクレジットカードは拒否されることになりますが、家族カードの場合はどうなのでしょうか?

家族カードの名義は本人の氏名が記載されています。

したがって本人名義のクレジットカードとなり現金化することは可能です。

ただ家族カードの利用枠は親カードと同じなので、現金化する場合には一度クレジットカード会社に確認する必要があります。

そして家族カードを現金化する場合にもっとも注意しなければならない点は現金化した場合の請求も親カードになります。

つまり20万円分を現金化すればその分の請求は親カードに届きますので、了承を得た上で現金化するようにしましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。