クレジットカード発行する際の入会審査のポイント

クレジットカードの入会審査

クレジットカードは後払い方式で、カード加盟店に対してカード会社が立替払をするしくみです。

そのためカード会社には回収リスクが発生するので、カード発行前に審査をして返済能力を判断します。

このクレジットカード入会審査ではどのような点を審査、調査してクレジットカードを発行するかどうかを判断しているのでしょうか?

それではクレジットカード審査のポイントを解説しましょう。

クレジットカード審査の基本は返済能力

クレジットカード審査の基準は返済能力

専業主婦や学生は例外として、クレジットカードの審査を通過するためには、定期的な収入が必要となります。

申込者に定期的な収入と返済能力があるかどうかを判断するには、カード申込書の記載内容と個人信用情報機関の情報が重要となります。

クレジットカード申込書では勤務先、勤務年数、年収などを記載する欄がありますが、これらは自己申告による記載です。

しかし、収入証明書などは添付されないので、裏付けとなる資料はありません。

そのため年収や勤務年数に関しては水増しされていることもあるので、クレジットカード審査では絶対的な判断材料にはなりません。

むしろ収入を水増しすると、申込者の属性とのバランスが悪くなるので虚偽記載を疑います。

クレジットカード審査では、もちろん申込書記載内容を参考にしますが、もっと重要なのは個人信用情報機関に登録されている情報です。

個人信用情報機関の情報でわかること

個人の信用情報

クレジットカードやカードローンを利用した情報は個人信用情報機関に登録され、加盟しているクレジットカード会社が参照できるしくみとなっています。

個人信用情報機関には

  • クレジット系(CIC)
  • 消費者金融系(JICC)
  • 銀行系(KSC)

と3つの機関がありますが、CICを例にして登録されている情報を解説しましょう。

CICの登録情報

  1. 申込情報 加盟会社に申込があり、情報を参照した記録
  2. クレジット情報 加盟会社と契約した内容
  3. 利用記録 加盟会社が途上与信で参照した記録

上記の中でもっとも重要なのはクレジット情報で、個人を特定する情報や契約内容の他に、支払状況に関する情報が記録されています。

さらにその中でもクレジット情報として記録される「入金履歴」と「異動情報の有無」はクレジットカード審査に大きな影響があります。

次にこの2つの情報について詳しく説明しましょう。

「入金履歴」と「異動情報」

クレジットカードの支払い履歴

入金履歴は過去24ヶ月間のクレジットの支払状況を示す情報です。

支払がなかった場合は「A」、正常に支払った場合は「$」のマークが表示され、延滞なく支払っているかどうかがひと目でわかります。

さらに延滞が3ヶ月以上または61日以上になると、「異動情報」に登録され別管理となります。

異動情報は延滞だけではなく自己破産の情報も含まれていて、5年間記録が保存されます。

CICの異動情報は別名ブラックリストやネガ情報、事故情報などと呼ばれることもあります。

クレジットカード審査では入金履歴で延滞が多い場合や、異動情報があるとクレジットカードの申込を却下します。

申込情報でいくら年収が高く上場企業に10年以上勤務していても、実際の支払状況が悪ければ審査を通過することはありません。

個人信用情報機関の情報は申込書の記載情報と違って、利用実績という裏付けがあるので優先される情報だからです。

各クレジットカードによって違う審査基準

クレジットカードによって異なる審査

同じクレジットカードでも審査基準はそれぞれ違います。

そのため同じ人が申込しても審査を通過するカードと通過しないカードがあります。

異動情報の記録があれば、ほとんどのクレジットカードでは審査を通過しませんが、それ以外の理由で却下された場合は、申込むカードを変えるだけで審査を通過することがあります。

例えば、アメックスカードではパート・アルバイトといった職種の人は、申込しても却下される可能性が高くなります。

しかし、

  • 楽天カード
  • イオンカード
  • エポスカード

といった流通系カードでは、パート・アルバイトでも審査を通過する可能性が高くなります。

クレジットカードの申込する場合は、自分の年収や職種などを考慮して申込するクレジットカードを選びましょう。

適切なカードを選択するだけで、審査の通過率は高くなります。

また、ゴールドカードなどのグレードの高いカードが欲しい場合も、最初は一般カードに申込して利用実績を重ねると入会しやすくなります。

これは個人信用情報機関に記録されたカード利用歴(クレジットヒストリー)が、却下だけでなく審査を通過する材料にもなるからです。

最初からグレードの高いカードに申込むよりも、一般カードで良好なクレジットヒストリーを作りましょう。

<まとめ>
クレジットカード審査についてはおわかりいただけたでしょうか?

審査の通過には個人信用情報機関の情報が大きく影響することがおわかりいただけたと思います。

個人信用情報機関はお高いに情報を共有しているので、クレジットカードを作るときもローンなどの利用状況が影響します。

反対にクレジットカードの支払状況もほかの審査に影響するので、クレジットカードを作ってからも支払をきちんとすることが何よりも重要です。

短期間に複数のクレジットカードの申し込みをするとブラックとなることも

申し込みブラック

クレジットカードの審査基準というのは各クレジットカード会社によって異なりますが、実はクレジットカードの申し込みというのも信用情報機関で調査することができるのです。

そのため短期間のうちにいくつものクレジットカードの申し込みをするという行為も審査に通過することできない「申し込みブラック」となる可能性があります。

このクレジットカードの審査をするというのもお金を借りるのと同じこととなるため、複数のクレジットカード会社に申し込みをするということは「よほどお金に困っている」と判断されることになるのです。

したがってクレジットカードの入会申し込みをする際は慎重にクレジットカード会社を選ぶ必要があります。

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。