携帯電話のキャリア決済現金化を徹底解説~そのすべてが分る解説書

クレジットカード不要の携帯決済現金化

「今すぐにお金が必要!」このような時に、今注目を集めているのが「携帯電話のキャリア決済現金化」です。

そこでこの記事では、キャリア決済現金化について徹底解説してみました。

キャリア決済現金化とはどのようなものなのか?
どのように現金化するのか?
そのメリット&デメリット
法律的に違法でないのか?

などなど、この記事を読めばキャリア決済現金化について完璧に理解できますので、「携帯払いキャリア決済現金化に興味がある」という人はぜひお読みください。

「携帯電話のキャリア決済現金化」とは?

携帯電話のキャリア決済現金化

キャリア決済現金化とは、携帯電話の「キャリア決済(携帯決済)」を利用して購入したギフトコード等を「現金化業者」に買取ってもらい、その金額を受取るというものです。

ご存知かもしれませんが、

  • 「ドコモ」
  • 「au」
  • 「ソフトバンク」

の国内大手3大キャリアの携帯電話には、キャリア決済というネットショッピングでの支払いに使用できる決済機能がついています。

この決済機能は買い物代金を電話料金として請求することで、商品やサービスの代金を支払えるというものになります。

そのキャリア決済を利用して、購入したモノを現金に換金してもらうのが、携帯キャリア決済現金化というサービスになります。

たとえば、20,000円のギフト券を購入し、15,000円で買い取ってもらうというような形がオーソドックスな方法といえるでしょう。

つまり、「携帯キャリア決済=転売現金化」と思っておけば良いかと思います。

携帯電話料金と支払えるキャリア決済現金化の方法

携帯決済現金化の利用方法

携帯電話のキャリア決済現金化の方法は、インターネット上にある「携帯決済現金化業者」
に申し込みをすることで可能です。

手続きの流れは各業者によっても若干異なりますが、以下のような感じになります。

  1. 利用可能なキャリア決済の残高確認
  2. 携帯決済現金化専門サイトへ申し込み
  3. 携帯払い決済によって商品購入
  4. 購入した商品を現金化サイトで換金
  5. 買取代金がすぐに振込

はじめにキャリア決済の「残高確認」をする必要があります。携帯決済はクレジットカード等とおなじく、利用可能額が決まっています。この利用可能額に余裕があるかを確認しておかなくてはいけません。

利用可能額はキャリアや契約内容によっても異なりますが、5万円~10万円くらいが相場です。

キャリア決済の利用可能額を確認できたら、「キャリア決済現金化業者」に申し込みをします。業者はインターネットで検索すれば、すぐに見つかります。

申込方法はどこも似たような感じで、氏名や住所、口座番号などの個人情報を入力していくことになります。

申込が完了したら、業者のほうからメールが届きます。その後はそのメールの指示に従って、キャリア決済でギフトコード等を購入することになります。そして購入したモノを現金化業者に買取りしてもらいます。

入金は平日であれば、ほとんどの業者が即日してくれます。業者によっては土日祝でも、指定のネットバンクの口座があれば、即日振込んでくれるところもあります。

知っておくべき携帯決済現金化のメリットとデメリット

携帯決済現金化のメリットとデメリット

携帯キャリア決済現金化のメリット

キャリア決済現金化のメリットは次のようなものがあります。

  • 審査が一切不要
  • 保証人不要
  • 入金までが早い
  • 来店不要でオンラインで手続き可能

キャリア決済現金化はカードローンなどのように審査がありません。また、保証人なども不要です。そのため、金融機関の審査に通らない人であっても利用ができます。

入金までが非常にスピーディーな点もメリットです。早い業者であれば換金手続き後、数十分で指定口座に入金をしてくれます。

来店の必要もありません。どこの業者も手続きはインターネット上で完結します。

携帯キャリア決済現金化のデメリット

キャリア決済現金化には、以下のようなデメリットがあります。

  • 手数料が発生する
  • 支払い方法は一括払いのみ

現金化するときは当然、業者に支払う手数料がかかります。そのため、キャリア決済で購入したときの値段そのままで買い取ってもらえるわけではありません。

現金化業者の換金率は平均で65%~80%となっていますので、およそ35%~20%の手数料が差引かれることになります。

キャリア決済の支払いは一括となる点もデメリットです。カードローンなどのように「分割払い」や「リボ払い」は選択できません。

翌月に携帯電話料金として一括請求されますので、計画的に利用しないと「支払いができない・・・」という事態になるリスクを抱えています。

支払いができなと、携帯電話の利用をストップされてしまうことや、「個人信用情報」に傷がついてしまうこともありますので注意しておかなくてはいけません。

携帯払いを現金化することは法律的にOKなの?

携帯決済現金化の違法性

携帯払いの現金化よりも以前からあるクレジットカードのショッピング枠現金化という資金調達方法がありますが、数年前には貸金業法違反などの容疑で逮捕された現金化業者もいることから「クレジットカード現金化は違法」と解釈している方も少なくないでしょう。

そうなると類似した資金調達方法ともいえる「携帯キャリア決済現金化って違法じゃないの?」と疑問に思っている人も多いかと思います。

結論から言いますと、携帯キャリア決済現金化は法律的には合法となります。

先にもお伝えしましたが、キャリア決済現金化はいわゆる転売です。キャリア決済で購入したモノを買い取ってもらうだけに過ぎないのです。

これは現在でも街中にある「カードお金」と書かれた看板の店舗でのショッピング枠現金化と同じことといえるでしょう。

近年のカードでお金の店舗ではJRの駅にあるみどりの窓口で購入できる新幹線チケットの購入及び換金による現金化方法が主流となっており、堂々と店頭にて現金化を行っています。

したがって携帯キャリア決済で購入したモノをどう使おうがそれは個人の自由ですし、転売してはいけないという法律もありません。

このため、携帯キャリア決済現金化は違法ではないというのが法律的な見解といえるでしょう。

ただし、各携帯キャリア会社は現金化を禁止している!

携帯キャリアは現金化を認めていない

携帯キャリア決済現金化は違法ではありませんが、キャリア決済を提供している携帯キャリアは現金化目的での利用を禁止しています。

現金化について明確な記載があるわけではありませんが、どこの会社の規約にも「当社が不適切と判断する利用は禁止」とありますので、これに妥当する可能性が高いです。

もし、現金化したことが携帯会社にバレた場合、キャリア決済の利用制限、停止などのリスクがあります。

それだけならまだ軽いほうですが、最悪の場合は「携帯電話の強制解約」などのもっと重いペナルティが課せられる可能性も否定できません。

このようにキャリア決済現金化は違法でないものの、携帯電話会社のほうでは禁止しているという点はしっかり理解しておかなくてはいけません。

どうすれば安全に携帯決済を現金化することができる?

安全な携帯決済現金化方法

携帯電話のキャリア決済で購入したモノを業者に買い取ってもらい、換金するのが携帯キャリア決済現金化です。

キャリア決済現金化は審査などもなく、すぐに現金が手に入るというメリットがあるものの、手数料が発生する点や支払は一括となるなどのデメリットも合わせ持っています。

また、携帯決済を現金化する行為は法律的には合法ですが携帯キャリアのほうでは換金目的による利用禁止にしているグレーゾーンのビジネスといえるでしょう。

では本当に携帯決済現金化を利用するのは危険なのでしょうか?

もし本当に携帯決済現金化を利用して契約を解除されるのであれば、このビジネスというのは存在していません。

これはクレジットカード現金化も同様といえるでしょう。

あくまでも利用規約では禁止していますが、それによって何らかのペナルティを受けた方はいません。

そもそも換金目的での携帯決済の使用かを判断することはできるわけがなく商品購入の度に使用目的を問われることもないでしょう。

したがって携帯決済の現金化は安全な資金調達方法であり、多くの方がお金を工面するために利用しているのです。

では各キャリアごとの携帯決済現金化についてまとめていきます。

  1. ドコモ ケータイ払い現金化
  2. au WALLET かんたん決済現金化
  3. ソフトバンク まとめて支払い現金化
  4. ワイモバイル まとめて支払い現金化
買取本舗

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。