債務整理の後もクレジットカードの発行は可能?

債務整理後のクレジットカード発行

 融資残高やクレジットカードの残高が多くなりすぎて支払いが困難になりそうなときは、早めに債務整理をしておくことが解決の近道といえるでしょう。

しかし、債務整理すると基本的にクレジットカードは利用停止となり、一定期間は新規に申し込みをしても審査を通過することはできません。

債務整理の事実をクレジットカード会社はどのような方法で取得し、いつまで新規申込を却下するのでしょうか?

債務整理からクレジットカードの発行が可能になるまでを解説しましょう。

債務整理と個人信用情報機関

債務整理する際の弁護士

クレジットカード会社が他社で債務整理が行なわれたかどうかは、個人信用情報機関の記録を参照することで把握できます。

しかし債務整理にもいくつか種類があるので債務整理の種類によってどのように登録されるのかに違いがあります。

まず個人信用情報機関には次の3つがあります。

CIC(シー・アイ・シー)

クレジット系列の個人信用情報機関で、カード会社・消費者金融会社・銀行が加盟。

法律で定められた指定信用情報機関として登録。

JICC(日本信用情報機構)

消費者金融系の個人信用情報機関、カード会社・消費者金融会社・銀行が加盟。

法律で定められた指定信用情報機関として登録。

KSC(全国銀行個人信用情報センター)

銀行系個人信用情報機関で、銀行と銀行関連会社が加盟。

クレジットカード会社はアメックスや銀行子会社のカード会社などごく一部が加盟。

クレジットカード審査はCICJICCのデータを参照して行なわれ、KSCの情報は一部のネガ情報(事故情報)だけが参照可能です。

それでは債務整理はどのように登録されているのか、個別に解説しましょう。

JICCの債務整理登録内容とデータ保存期間

返済に困ったときの債務整理

債務整理の方法には弁護士などに依頼する「任意整理」、裁判所を利用して和解する「特別調停」、住宅ローンを残して整理する「個人再生」などがあります。

さらに自己破産もひとつの債務整理とみなすことができます。

登録内容はCICJICCでは違いがありますが、クレジットカード会社はどちらにも加盟しているので、より詳細な登録をしているJICCを例にとって登録内容を説明しましょう。

JICCが登録している情報の中には「取引事実に関する情報」があります。

取引事実に関する情報

・登録内容

債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等

・保存期間

当該事実の発生日から5年を超えない期間

(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

上記のように債務整理を行なうと5年間は記録に残るので、その間は新規のクレジットカード申込をしても審査で却下されます。

それでは5年間というのは、いつの時点から始まるのでしょうか?

個人信用情報機関のデータ保存期間

信用情報機関のデータ

JICCでは事実発生から5年間データが保存されるので、債務整理によって支払いが5年以上続いたとしても記録は抹消されます。

しかし、CICの場合は債務整理を行なったという事実は記録されません。

そのため状況によって次のパターンが考えられます。

遅れがないまたは2ヶ月以下の遅れで債務整理をした場合

CICでは3ヶ月以上または61日以上の遅れの場合、異動情報として記録されます。

異動情報でない場合は24ヶ月間の利用状況を参照して判断することができます。

債務整理をすると請求金に満たない金額の支払いが続くので、通常返済ではないパターンとなり債務整理の事実がわかります。

この場合は24ヶ月間の記録しか参照できないので、債務整理が終了して2年後には記録が抹消されます。

異動情報として記録された場合

3ヶ月以上の延滞後に債務整理をした場合、またはカード会社が異動情報を登録した場合は、完済後(契約終了後)5年間記録が保存されます。

自己破産の記録もCICでは独自に調査して記録せず、加盟会社からの異動情報として記録されています。

異動情報をいつ登録するかは加盟会社に任されているので、データ保存の期間も違っていきます。

それでは記録が抹消したかどうかは、どのようにして判断したらいいでしょうか?

個人信用情報機関への情報開示

個人信用情報開示

最も確実に債務整理の記録が抹消されたことがわかる方法は、個人信用情報機関への情報開示です。

すべての個人信用情報機関では登録されている情報を本人に開示しています。

そのため、債務整理後はCICJICCに情報開示申請をして、記録が残っているかどうかを確認してからクレジットカードの申込をしましょう。

なお銀行融資などの利用もあった場合はKSCにも申請しておきましょう。

ただし個人信用情報機関にネガティブな情報がないからといって、必ずしも審査を通過するわけではありません。

基本的には返済能力が審査の基準となるので、年収に合わせたカードを選んで申込することも重要です。

個人信用情報機関の情報がまったくない状態で申込するので、利用実績なしで却下されることもあります。

いきなりゴールドカードを申し込んでも却下される可能性が高いので、まずは一般カードで審査が通りやすいカードから選びましょう。

<まとめ>

債務整理とクレジットカード審査の関係はおわかりいただけたでしょうか?

債務整理を行なうと少なくても5年間はカードを作ることはできませんが、クレジットカードは信用取引のひとつです。

まずは債務整理で取り決めた返済をきちんと終了させてから、クレジットカードを作りましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。