携帯決済現金化方法のamazonギフト券とiTunesの比較

携帯決済現金化方法の比較

誰もが生活をするために「お金」は欠かすことのできない重要な存在ということは間違いありません。

基本的に大半の方は仕事をし、その給料によって生活するためのお金を稼いでいます。

しかしながら普段から働いている方であってもお金が不足するということは少なくありません。

たとえば銀行などの金融機関や消費者金融からを借り入れすることによってお金を工面することもできるでしょう。

ただお金を借りるためには審査があり誰にでも簡単に借り入れができるわけではありません。

もちろんクレジットカードの新規発行も同様に審査があるため信用がなければ、クレジットカードを所有することはできないのです。

一般的な融資が受けられない方でもお金を工面する方法として知られているのがクレジットカードのショッピング枠現金化ですが、

  • 収入のない無職の方
  • 学生や専業主婦
  • 過去に借り入れの未払いや遅延履歴がある方

といった方はクレジットカードすら持つことができません。

そういった方であっても即日で資金調達することが可能な方法があります。

その唯一の方法が携帯電話のキャリア決済による現金化なのです。

ではこの携帯決済現金化をするための2つの方法について詳しく解説していきます。

携帯決済現金化は電子ギフトの換金が定番となる

電子ギフトでの現金化方法

携帯決済現金化は原則的にクレジットカード現金化と同じ

携帯決済の現金化というのは基本的に要領はクレジットカードのショッピング枠現金化と類似したサービスといえるでしょう。

これまでクレジットカードのショッピング枠現金化はといいますと、

  • 新幹線の回数券の換金
  • 最新の電化製品の買取
  • キャッシュバック特典付き商品の購入

といった方法があります。

このようにクレジットカード現金化というのは買い物をショッピング枠を利用しお金を手にすることができるサービスとなるのです。

では携帯決済の現金化はといいますと、携帯電話の大手キャリアはクレジットカードのように後払いで買い物の支払いできる「キャリア決済サービス」を契約者に提供しています。

したがってこのクレジットカードのように支払いに利用できる携帯キャリア決済で買い物をし現金化することができる資金調達方法なのです。

しかしながら携帯キャリア決済はクレジットカードのように実際の店舗での支払いに使用することはできません

つまり携帯決済はネットショッピングでしか利用することはできないオンライン専用の決済サービスとなります。

携帯決済現金化で購入する商品は電子ギフト

現在ではクレジットカード現金化もインターネットだけで手続きを完結することができる現金化サイトが主流となりつつあるように、携帯決済現金化もリアル店舗ではなくすべての取引をオンラインで行うことになります。

ではどのような方法で携帯決済をお金に換えるのかといいますと、今ではコンビニや家電量販店など頻繁にみかけるようになった電子ギフトを携帯決済によって購入するのです。

ただ実際の店舗で販売されているカードタイプの電子ギフト券は現金でしか購入することはできないため携帯決済現金化には利用することはできません。

そのため携帯決済での電子ギフトはインターネット上にあるオンラインショップ購入できるタイプの電子ギフトとなります。

現在、この携帯決済現金化する目的で購入されている電子ギフトは

  • Amazonギフト券
  • iTunesコード

の2種類となっておりこの異なる電子ギフトによる携帯決済現金化について比較していきます。

これまで主流となっていたamazonギフト券を換金する携帯決済現金化

amazonギフト券換金による現金化

携帯決済の現金化は比較的新しいサービスですが、多くの方が携帯キャリア決済の現金化を認知するようになってからこれまでamazonギフト券を換金する現金化方法が主流となっていました。

「Amazonギフト券」というのはその名の通り国内最大手の総合ショッピングサイトとなるAmazonで買い物ができるギフト券です。

なぜ携帯決済現金化にamazonギフト券が利用されているのかといいますと、

  • 携帯決済での購入が可能
  • 利用価値及び換金性の高いギフト券
  • ギフト券番号での送受信が可能

といった現金化するために適した特徴がamazonギフト券にはあるからです。

そのため携帯決済の現金化といえばamazonギフト券の換金というのが定番だったのですが、これまで携帯決済によって直接amazonギフト券を購入できたサイトが突然販売を中止してしまいました。

したがって現在ではamazonギフト券の購入を携帯決済によって支払うことができるサイトはありません。

しかし携帯決済でamazonギフト券の購入が完全にできなくなったわけではなく間接的に購入できる方法があります。

それは各携帯キャリアで発行することができるチャージ式のプリペイドカードを利用する方法です。

キャリアのプリペイドカードは自社の携帯決済によってチャージすることができます。

つまり携帯決済によってチャージしたプリペイドカードを使用しamazonギフト券を購入することができるのです。

ただこれまでは携帯決済でダイレクトにamazonギフト券を購入することができたことから、この「プリペイドカードを発行しチャージする」といった手間に感じている方は少なくありません。

そのため現在でも携帯決済から直接購入が可能となるiTunesコードによる携帯決済現金化を利用している方は多くいるのです。

もっとも手軽に利用できるiTunesコードでの携帯決済現金化

iTunesコードでの携帯決済現金化

現在、amazonギフト券を携帯決済で購入する場合にはキャリアの発行するプリペイドカードにチャージしAmazonで購入する方法しかありません。

しかしながら以前は

  • ソフトバンクのオンラインショップ
  • WebMoney PINCOM
  • Amazonサイト

といったサイトでは携帯決済によるamazonギフト券の購入が可能でした。

そのためこれまで携帯決済でamazonギフト券を購入し現金化していた方というのは携帯決済でチャージすることができるプリペイドカードは持っておらず、携帯決済によるamazonギフト券の販売が中止された今では他の電子ギフトでの現金化方法を選択しているのです。

その代表的な電子ギフトがappleのスマートフォンiPhoneやタブレット端末となるiPadでのアプリ購入や課金に使用できるiTunesコードとなります。

iTunesコードはamazonギフト券とは異なりどこのキャリアのオンラインショップでも携帯決済によって直接購入することができます。

したがってキャリアのオンラインショップで携帯決済によってiTunesコードを購入し買取業者で換金すれば簡単に現金化することができるのです。

そのため何の準備も必要なくお手元にあるスマホだけで現金化できるiTunesコードの利便性は優れているといえるでしょう。

amazonギフト券とiTunesコードによる現金化方法を比較

amazonギフト券とiTunesの比較

現在の携帯決済現金化といえば

  • Amazonギフト券
  • iTunesコード

といった2種類の電子ギフトの換金による現金化が全体の9割以上といっても過言ではありません。

ではこの携帯決済現金化に使用される電子ギフトの換金について比較していきます。

購入の手軽さ

携帯決済でamazonギフト券を購入する場合にはキャリアのプリペイドカードが必要となりますがiTunesコードでは携帯決済でそのまま購入することができます。

したがってamazonギフト券はプリペイドカード所有者だけしか購入することはできないため、購入の手軽さでいえば断然、iTunesコードが有利といえるでしょう。

換金率

携帯決済現金化を比較する上でもっとも重要なポイントといえるのが換金率です。

amazonギフト券の買取業者は多数あり、換金率の相場は異なってきます。

ではamazonギフト券はどの程度の換金率で現金化することができるのかといいますと

  • 有効期限
  • ギフト券の額面
  • 買取の申し込み日

といった条件によって異なってきますが大体85%~93%の範囲内が平均的な相場となります。

ではiTunesコードの買取率の相場はといいますと、70%から75%とamazonギフト券と比較すると10%以上も低い買取率となるのです。

したがって現金化する際の換金率で考慮すれば圧倒的にamazonギフト券の方が高く換金することができます。

換金できる買取サイト

今でも携帯決済を現金化を利用するユーザーというのは多数存在しますが、今現在でもamazonギフト券を換金する現金化方法しか知らないユーザーは少なくありません。

さらにamazonギフト券の買取サイトは数多くありますが、そこでiTunesコードの買取も可能なサイトというのは実はまだ一部の業者でしか取り扱っていないのです。

いくつかの違いはありますが今のところはamazonギフト券の方が知名度が高いため勝っていますが、今後はiTunesコードによる携帯決済現金化が増加していくことになるでしょう。

電子ギフトの換金に最適な優良買取サイトとは?

携帯決済現金化に最適となる買取サイト

 

ランキング1位【買取本舗】
ランキング2位【買取セブン】
ランキング3位【買取ボブ】

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。