クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠の2つの利用枠

クレジットカードのキャッシングとショッピング枠

ほとんどの方は「クレジットカードは買い物の支払いに使用」といったようにショッピング枠だけを使っている方は少なくありません。

特に最近ではネットショッピングでの支払いは振込手数料や代金引換といった手数料のかかる支払い方法よりもクレジットカード決済の方がお得といえるでしょう。

クレジットカードは基本的にはショッピングに利用するものですが、キャッシング枠が付いている場合に限り、直接現金を借りることもできます。

大半のクレジットカードには

  • 買い物をするためのショッピング枠
  • お金を借りるためのキャッシング枠

といったように異なるふたつの利用枠があるのです。

ここではクレジットカードをショッピングで利用する場合と、キャッシングに使う場合の違いについて説明していきます。

クレジットカードの利用枠のキャッシングの範囲

お金を借りるキャッシング枠

クレジットカードには、まず総枠と呼ばれるそのカード自体の限度額があります。

クレジットカードというのは元々ショッピング用のカードなので、この総枠は全てショッピングで利用することができます。

つまり総枠という言葉ではなく、ショッピング枠とも呼ばれることも多いです。

そして、総枠の中にキャッシング枠が用意されていると、その分までは現金の借り入れに利用できる仕組みです。

クレジットカードのキャッシング枠とは?

キャッシング枠はあくまで総枠の中の一部という扱いです。

つまり、100万円の総枠があった場合にその中の30万円までがキャッシング枠といった形になります。

総枠100万円のクレジットカードの場合
  • 総枠100万円 内30万円はキャッシング枠となる
  • 100万円分のショッピングが可能
  • 30万円分のキャッシングが可能
  • 30万円のキャッシングを利用した場合、残り70万円までのショッピング枠となる
  • 80万円のショッピングを利用した場合、20万円分のキャッシング及びショッピングが利用できる

これについてはクレジットカードの利用明細書などに詳しい記載があるので、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があるかどうかはそこで確認できます。

もしくはクレジットカードの裏面に記載されているカスタマーセンターに問い合わせることで確認することも可能です。

基本的にはショッピングでの利用が優先されます

クレジットカードの総枠全てはショッピングで利用することができます。これがショッピング枠とも呼ばれる理由で、キャッシング機能はあくまでおまけという扱いです。

まだ総枠に余裕がある場合のみ、キャッシング枠の範囲まで利用できるという訳です。

キャッシング枠が付かないクレジットカードもある

キャッシングできないクレジットカード

キャッシング枠は直接現金が借りられることから、20歳以上の契約者に対してしか付いていません。

クレジットカードは原則的に18歳以上ならは未成年でも作ることができますが、その場合はショッピング専用のクレジットカードになります。

キャッシング専用のカードローンでもそうですが、未成年はお金を借りるという行為を行えません

キャッシングが不要な場合

クレジットカードは一般的に買い物をするために利用するものですが、お金を借りることができるキャッシングも可能です。

ただキャッシングというのは消費者金融から借り入れをするのと同じように「借金」でしかありません。

多くの方は借金をすることに抵抗があるのではないでしょうか?

そういったキャッシング枠が不要な場合には自ら「キャッシング枠は必要ない」とクレジットカード会社まで伝えることで、このキャッシング枠を消滅させることが可能です。

これはクレジットカード会社まで電話を一本掛けるだけで行えるので、ついお金を使い過ぎてしまうのが心配な人は早めにキャッシング枠自体を無くしておくといいかも知れません。

キャッシング枠をなくしても限度額は変わりません

「お金を借りるためのキャッシングは不要」という方がショッピング枠だけのクレジットカードにした場合でもショッピング枠の限度額が変更されるわけではありません。

キャッシング枠を後から無くした場合でも、カード自体の限度額(=総枠)はそのままです。

キャッシング枠はあくまで総枠の中の一部で、独立している訳ではないからです。

後から付ける場合には審査があります

クレジットカードのキャッシング枠を後から希望する場合には、その為の審査を受けなくてはいけません。

一度無くしてしまうと、また付けて欲しい場合にはこの審査を受けることになるので注意してください。

キャッシングには必ず金利が発生する

キャッシングする際の金利

クレジットカードでの買い物は1回払いやカード会社がそこまでは無料だと定めている回数を超える支払い回数を指定すると、利用金額以外に「金利」というものが掛かります。

これはショッピングでの利用の場合は年利15%までのクレジットカードがほとんどで、各社ともこれに近いパーセンテージになっています。

分割払いだけではなくリボ払いの場合も当然この金利が発生します。

クレジットカードのショッピングでの利用に適当される法律は割賦販売法といい、キャッシングで利用した場合には貸金業法という別の法律が適用されます。

その違いから、ショッピング枠での買い物では金利の掛からない1回払いにした場合でも、キャッシングでは必ず金利が発生してしまいます。

ここはショッピングでの利用と一番異なる点なので注意が必要です。また、キャッシングを利用した分の支払いは、1回払い、またはリボ払いの2つからの選択になります。

したがって分割払いのようにの支払い回数は選択できません。

キャッシングの金利は18%です

クレジットカードのショッピング枠は割賦販売法となりますが、キャッシングは消費者金融からお金を借りるのと同じ貸金業法となりますので金利は利息制限法によって定められています。

そのためショッピング枠の15%の金利に対し、キャッシングした場合の金利は18%と高くなるのです。

1回払いを選んだ場合でも、利用した日から支払日までの間の日割りで計算されて請求されます。

例として、3万円を借りた日から支払日まで30日間あった場合、金利として443円が掛かることになります。

金利以外にも手数料がかかる

クレジットカードのキャッシングにはATMを利用しますが、その際には1回ごどに手数料が掛かってしまいます。

これは1万円までのキャッシングの場合は108円、それを超える金額では216円と決まっていて、利用金額や金利と共に請求金額に含まれます。

よって、上記の3万円を30日間借りた場合の例では、3万円の利用金額の他に443円の金利、そして、この手数料の216円を合計した30,659円の支払いです。

キャッシングは便利ですがリスクもある

お金を借りるリスク

お金を工面する方法として「キャッシング」という資金調達方法はもっとも手軽にお金を工面することができる方法といえるでしょう。

そのためキャッシングによって債務を増やしていってしまう方はすくなくありません。

クレジットカードを使ったキャッシングは、別の申込みや契約をすることなく手持ちのカードだけですぐに現金を借りることができるので使い方次第ではとても便利ですが、必ず金利が掛かるという点を忘れてはいけません。

適用されている金利は消費者金融を利用した場合と同様の数字です。

その為、高額を借りてリボ払いを選んでしまうと、金利だけで結構な金額になってしまうので気を付けてください。

キャッシングをせずにお金を工面できるショッピング枠の現金化

ショッピング枠現金化による資金調達

クレジットカードは普通に仕事をしている方であれば問題なく持つことができるでしょう。

ただお金にだらしのない方というのはすぐにキャッシングを使い過ぎてしまいお金を借りることができなくなります。

しかしそんな方でもお金を工面することができるのが、クレジットカードで買い物をするためのショッピング枠を現金化する方法です。

クレジットカードのショッピング枠現金化のメリットはといいますと

  • キャッシングよりも多くの利用枠がある
  • ショッピング枠は割賦販売法となるためお金を借りる方法ではない
  • キャッシングよりも低金利で利用できる
  • リボ払いだけではなく分割払いも可能

といったようにキャッシングよりも優れた点があるのです。

したがってクレジットカードでお金を工面する方法としてキャッシングだけではなく、ショッピング枠現金化も有効といえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。