Vプリカの残高は現金化することは可能なのか?

Vプリカ残高の現金化

近年では普段からお金を持ち歩くことのない「キャッシュレス化」が世界的に進んでいることはご存知かと思います。

ただこのキャッシュレス化というのは現金を持たないという意味であり、現金の代わりに支払いが可能となる

  • 電子マネー
  • クレジットカード
  • デビットカード

といったもので決済をすることになります。

しかしながら日本ではまで現金主義といった傾向が世界と比較すると強くあり、現金よりも優れた決済方法はありません。

ただインターネット上での支払い方法の中には現金払いはできず、クレジットカードやデビットカードの登録が必要となるサイトもあります。

世の中にはクレジットカードを作ることができない方や、クレジットカードには借金という印象があり抵抗のある方も少なくありません。

そういったクレジットカードを所有していない方でもクレジットカードのように代用できるプリペイドカードがあることをご存知でしょうか?

そんなプリペイドカードの代表的な存在ともいえるのが国際ブランドとなるVISAの発行する「Vプリカ」というネット専用のプリペイドカードがあります。

VプリカとVISAのクレジットカードの相違点

VプリカとVISAカードの違い

クレジットカードを持っていない方でも国際ブランドとなる「VISA」を知らない人はいないでしょう。

日本国内では三井住友VISAカードが有名ですが、このVISAのロゴのあるVプリカはコンビニなどでも販売されており手軽に購入することができます。

ではこのVISAのクレジットカードとVプリカにはどのような違いがあるのかを解説していきます。

Vプリカはネット専用となるカードレス決済

Vプリカには実は2つのタイプがあり

  1. クレジットカードのようなカードとなるVプリカギフト
  2. カードレスでネット決済が可能なVプリカ

があります。

Vプリカギフトはコンビニなどの店頭で販売されているカードタイプのものですが、Vプリカは公式サイトからアカウントを作成すれば利用できるカードのないオンライン決済専用のVプリカなのです。

クレジットカードでのネット決済と同様に発行されたVプリカのカード番号を入力すればネットショッピングなどに利用することができるため余計なカードを増やしたくない方に適したオンライン決済の方法といえるでしょう。

プリペイドカードなので審査不要

クレジットカードを新規発行する際には必ず審査が行われることになるため誰でもクレジットカードを発行することができるわけではありません。

普通に定期的な収入のある会社員の方であれば審査に通ることは難しくありませんが、

  • 収入のない専業主婦
  • 現在、仕事をしていない無職の方
  • 過去に借入履歴で未払いや遅延がある方

といった内容の場合にはクレジットカードが発行されることはほとんどありません。

しかしながらこのVプリカはその名の通りクレジットカードではなくプリペイドカードとなります。

つまりクレジットカードのような審査は不要で誰でも発行することが可能なのです。

ちなみにVプリカを利用する条件は

  • 日本国内在住
  • 18歳以上

という誰にでもすぐに利用できるVISAカードとなります。

匿名でも使用可能なVプリカギフト

クレジットカードは原則的に所有者の氏名が名義人としてクレジットカードの表面に印字されることになります。

したがってクレジットカードを使用することができるのはクレジットカードの名義人本人となりますが、Vプリカの場合にはクレジットカードのような審査という概念がありません。

そのためVプリカに印字される氏名は名義人の本名ではなくニックネームでも利用することができるのです。

したがってクレジットカードで買い物する際には自分の本名を店員に明かすことになりますが、Vプリカならニックネームの記載されたカードでの支払いとなるため名前を明かすことなくカード決済ができます。

Vプリカでのカード現金化は可能なのか?

Vプリカでのカード現金化

街で見かけるカードお金の看板で知られるクレジットカードのショッピング枠現金化はもうすでにご存知かと思います。

このクレジットカード現金化は基本的にクレジットカードで買い物をした商品を換金することによって現金化する方法となりますが、Vプリカでの現金化というのは実際に利用することが可能なのでしょうか?

まずこのVプリカはプリペイドカードであり、事前にチャージすることによって決済が可能となります。

したがって金額がチャージされたVプリカはクレジットカードのショッピング枠と同じ決済方法といえるでしょう。

そのため残高のあるVプリカはクレジットカードと同様に現金化することはできるのです。

ではVプリカの現金化としてもっとも効率的な方法といえるのがVプリカでも購入が可能な換金性の高い商品となるamazonギフト券での現金化が最適となります。

amazonギフト券のEメールタイプは多数の買取サイトで90%以上の高い換金率で現金化することができるため現金化にもっとも適した商品として活用されているのです。

特にamazonギフト券買取業者の中でも人気No,1となるアルトレードは高い買取率が保証されているため安心して換金することができます。

アルトレードでのVプリカ現金化はコチラから

もちろん初めてVプリカからのamazonギフト券の現金化に不安がある方でもアルトレードなら専門アドバイザーがサポートしてくれますので問題なく現金化することができるでしょう。

Vプリカのチャージ残高を現金化するニーズは少ない?

Vプリカ現金化の需要

Vプリカの残高を現金化すること自体はそこまで難しいことではありませんが、実際にこの現金化のニーズはあるのでしょうか?

クレジットカードの場合、買い物で使用したショッピング枠を後払いで請求されることになるため「今すぐに現金が手元に欲しい」といった方が利用することになります。

その点、Vプリカの場合には事前にチャージすることになるため前払いの決済となるプリペイドカードです。

したがって先払いとなるプリペイドカードの現金化の需要はないように感じられますが、必ずしもそうではありません。

Vプリカのキャンペーンでお得に現金化できる

Vプリカというのは信販系のクレジットカードとなるライフカードが発行しているプリペイドカードとなります。

そのためVプリカの購入をライフカードを発行し行うなどのキャンペーンが実施されており通常のクレジットカード現金化よりもお得に利用することができるのです。

現在実施中のVプリカのキャンペーン

  1. 最大15,000円相当の特典プレゼント!Vプリカを購入するならライフカードがおトク!ライフカード新規ご入会キャンペーン キャンペーン期間:2018年1月1日(月)~2018年3月31日(土)お申込み完了分
  2. 【学生必見!特典拡大!】学生専用ライフカード新規ご入会キャペーン! キャンペーン期間:2018年1月1日(月)~2018年3月31日(土)お申込み完了分
  3. 【セブン‐イレブン限定】Vプリカ10,000円券を買うと、抽選で300名様に10,000円分のVプリカが当たる! キャンペーン期間:2017年12月1日(金)0:00~2018年1月15日(月)23:59

クレジットカードからVプリカにチャージすれば現金化目的を疑われない

世間一般的にはクレジットカード現金化はカードが利用停止になる可能性のある危険な行為という印象があります。

この理由というのはクレジットカード発行会社が定める利用規約において現金化行為は禁止されており、特に換金性の高い商品をクレジットカードで購入するのは現金化を疑われる可能性が高いのです。

ただこのVプリカのチャージをクレジットカードで行い現金化するというのは、クレジットカード会社に現金化を疑われることを回避することができる手段といえるでしょう。

言い換えればクレジットカードのロンダリングとなりますが、Vプリカによる間接的な現金化というのは安全性えお高める方法として今後、注目されるかも知れません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。