クレカ現金化方法でアマゾンギフト券換金が最強なのか?

amazonギフト券換金でのクレカ現金化

これまでクレジットカード現金化の方法はいくつもありました。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する手段の中でも最近注目されているのが、アマゾンギフト券をクレジットカードで購入し換金するという現金化方法です。

クレジットカードのショッピング枠現金化は違法でこそないものの、クレジットカード会社から現金化行為を疑われてしまうとカードの利用を差し止められてしまう可能性があります。

さらには違法なクレカ現金化を行っていた業者は摘発された事例もあり、利用するユーザーとしても現金化するための方法は見極める必要があるといえるでしょう。

そこで近年、脚光を浴びつつあるこのアマゾンギフト券を使ったクレカ現金化方法ですが、

  • 安全性
  • 換金率
  • 関連する法律

といった面でこれまでのショッピング枠現金化よりも優れているのか検証しました。

従来のクレジットカードのショッピング枠現金化の方法

従来のクレカ現金化方法

数十年も前からカードでお金と書かれた看板があるようにクレジットカードのショッピング枠現金化というのは今から30年以上前からあるビジネスです。

つまり現在のようにインターネットが普及していない時代からお金を工面する方法としてクレジットカードが現金化されていました。

今でも店舗での対面によるカード現金化のお店はありますが、圧倒的にオンラインで完結できるネット型の方が大きなシェアを占めています。

そんなインターネットでのクレジットカード現金化の方法は大きく2つに分かれており

  • クレジットカードで購入した商品の買取による現金化
  • キャッシュバック特典付き商品を購入する現金化

となります。

WEB上で営業する現金化業者ではこのいずれかの方法でショッピング枠を現金化することになりますが、原則的に現金化業者がECサイトでカード決済を行うためクレジットカード情報を提示しなければなりません

当然ながらクレジットカードに記載されている情報が漏洩すればカードが不正に利用される可能もあるでしょう。

しかしこのクレジットカード情報を必要としない現金化方法としてamazonギフト券を購入し換金する現金化方法が注目されているのです。

Eメールタイプのギフト券はクレジットカードでしか購入できません

クレジットカードでしか買えないアマゾンギフト券

原則的に商品券の類の購入にクレジットカードは利用できません。

換金性の高い商品は現金化に使用されるため購入できなくなっているという訳ですが、アマゾンギフト券は立派な商品券でありながら、問題なくクレジットカードで購入することができます。

その理由のひとつにはAmazonというインターネット上のショッピングモール内でしか利用できないことと、電子発行によるものという点から、一般の商品券とは多少毛色の違う存在だからです。

さらにAmazonはそもそもアメリカの企業であり、現金大国となる日本とは異なった風潮があります。

欧米諸国では現金がほとんど使用されない国もあるほどで、反対にクレジットカードやデビットカードがしか使えない店舗もありそういった経緯からamazonギフト券のEメールタイプはクレジットカードでしか決済できないとも考えられるのです。

各クレジットカード会社は換金目的での使用を利用規約で禁止していることはご存知かと思います。

しかしクレジットカードでしか買えないamazonギフト券は「現金化目的での購入」と判断することはできません。

したがってクレジットカード会社からしても

amazonギフト券をカードで購入=ショッピング枠現金化

と疑うことはできない商品なのです。

アマゾンギフト券は現金に近い金券類

Amazonサイトはご存知のように、ゆりかごからミサイルまでなどという言われ方までされるほどのネットショッピングサイトでは日本国内ナンバー1の存在です。

食品や書籍の販売も行っており、ここで商品の購入に利用できればそれは現金と同じようなものだと言っていいでしょう。

そうなると、当然このアマゾンギフト券も一般の商品券のように換金性の高い金券類として現金化することができるのです。

アマゾンギフト券を現金化する際の注意点

現金化する際の注意点

アマゾンギフト券は一度でも利用したことがある人なら知っていると思いますが、ギフト券番号をAmazonのサーバー内で管理されています。

つまり、このギフト番号を伝えるだけで売買が行えてしまうのです。

販売形態として、主に人へのプレゼント用としてその番号が書かれたクレジットカードサイズのカードでの販売や、それこそギフト券番号だけでも購入することができます。

買取に必要なのはギフト券番号だけなので、手っ取り早く購入するには”Eメールタイプ”を選択して、肝心のギフト券番号を自分宛のメールで送ってもらいましょう。

そしてこのアマゾンギフト券には有効期限というものがありますが、2017年4月24日以降に発行されたものは発効日から10年間となっているので特に気にしないで構いません。

以前はEメールタイプやカードタイプなどの発行タイプによって有効期限が1年~3年とバラつきがあったので、残りの期限が1ヶ月を切っているものは買取価格が下がる傾向がありましたが、今では10年間も有効なので、そのようなことにはまずなりません。

○有効期限が近い時の裏技を教えます!

まだ使っていない有効期限が10年間になる前に入手したアマゾンギフト券を持っていて、その有効期限の残りが僅かな時には、一度その期限が切れるまで待っていましょう。

アマゾンギフト券は使用前に有効期限が切れた場合に限り、一度だけそれを1年間延長することができます。この延長は完全に切れてからではないと行えないので、期限まであと僅かなアマゾンギフト券は、それが切れるまで待ってから1年間期限を延ばし、その後で買取に出した方が高く買い取ってもらえるのです。

アマゾンギフト券によるクレカ現金化の特徴とは?

アマゾンギフト券での現金化の特徴

クレジットカードのショッピング枠現金化としてamazonギフト券の換金は最新の現金化方法といえるでしょう。

そのためこれまでのクレジットカード現金化の方法よりも圧倒的に優れた最強の現金化方法という声もあります。

分類としてはカードでお金の店舗で行われている新幹線の回数券の買取に近い方法といえますが、すべての手続きをスマホひとつで完結することができるためどこかに足を運ぶ必要はありません。

ではこれまでのクレジットカード現金化の方法とamazonギフト券換金での現金化を比較していきたいと思います。

amazonギフト券換金での現金化のリスク

アマゾンギフト現金化のリスク

従来のクレジットカード現金化では新幹線チケットなど換金性の高い商品を購入し現金化する方法や価値のない商品を購入すると現金キャッシュバックという特典があるという方法でした。

こういった現金化方法は現在でも行われていますが、クレジットカードが利用停止になるなどのリスクがあります。

ではクレジットカードでamazonギフト券を購入し換金する現金化方法にはリスクはあるのでしょうか?

キャッシュバック方式での現金化の場合、現金化業者にクレジットカードを提示することになるため不正に使用される可能性がありますが、amazonギフト券を購入する際にはどこかの業者にクレジットカードを提示する必要はありません。

ただamazonギフト券は換金性の高い金券類といえますがクレジットカードでしか購入できないため「現金化目的」と疑われることはありますが、断定することはできないでしょう。

結果的にこれまでのクレジットカード現金化で購入する商品よりも確実にリスクの少ない方法ということは間違いありません。

買取業者でのamazonギフト券の換金率

アマゾンギフト券の換金率

クレジットカード現金化ユーザーにとって利用する業者を比較する際にもっとも重点を置いているのが「換金率」なのではないでしょうか?

当然ながらより高い換金率の現金化業者を追及していくことになるのですが、現在のクレジットカード現金化の換金率の相場は70%から80%程度となります。

もちろんクレジットカードの決済金額やプランなどによってもレートは変わってきますが、そこまで大幅に変動することはありません。

たとえば20万円分のショッピング枠を75%の換金率で現金化する場合には

決済金額(商品の価格)20万円×換金率75%=入金額15万円

といった計算になります。

現金化業者によってはこの換金率以外に

  • 銀行振込手数料
  • 商品の送料
  • 消費税
  • 決済手数料

などが別途負担となる場合もあります。

ではamazonギフト券を換金する際の買取率はどのくらなのかといいますと、80%から90%台前半といったように非常に高いレートで現金化することができるのです。

もちろんアマゾンギフト券を購入する際には消費税はかかることはなく、決済手数料もありませんのでこの買取率がそのまま買取代金として振り込まれることになります。

amazonギフト券売買に関する法律

アマゾンギフト券売買の法律

一般的に中古品の売買をする場合には「古物営業法」という法律はあることはご存知かと思います。

カードでお金の現金化の店舗ではその地域の公安委員会による古物商の営業許可を受けており、古物営業法に基づいて買取業務を行っているのです。

そうなりますと、アマゾンギフト券の売買でも同じように古物商の許可が必要ということになりますが、現行法では「電子タイプのギフト券は古物に該当しない」という点があります。

これはどういうことかといいますと、商品券や切手といった一般的な金券類は「券」としての物体がありますがamazonギフト券のEメールタイプは電子メールでしかなく物理的な存在はありません。

そのため古物という概念からははずれることになり、今の段階では売買に関する法律はないのです。

個人間での売買に潜むリスク

ギフト券個人売買のリスク

ここで考え付くのは、クレジットカードで購入したアマゾンギフト券をオークションなどで個人で売買をすれば実質的にもっと高い換金率になるかも知れないという点です。

つまり現金化業者を利用せず自分でクレジットカード現金化をする方法といえるでしょう。

しかし、このアマゾンギフト券を個人間で売買する現金化方法にはリスクがあるのです。

なぜならネットオークションやフリマアプリといった個人売買にはどうしてもトラブルが付きものであり確実に安全な方法とはいえないでしょう。

更に、アマゾンギフト券は一度アカウントにチャージをすると、その番号は二度と使用できません。

その為、この番号が使えなかったなどというトラブルになってしまう可能性や、額面がチャージするまで分からないことから、聞いていたのとは違う額面だったというような言い掛かりも充分に考えられます。

もし取引でトラブルになってしまうとその処理にも余計な労力や時間が掛かってしまうので、安全面を考慮するのであれば現金化業者の利用が一番です。

このように、アマゾンギフト券を使ったクレジットカードの現金化はとても安全で、何も違法性もありません。

何よりネットだけで購入から売買に出すまで簡単に行える点がとても優れていると言えるでしょう。

amazonギフト券の買取専門サイトでの換金がベスト

amazonギフト券買取ボブ

アマゾンギフト券はそのギフト券番号だけで管理しているという性質から、インターネットで簡単に買取に出すことができます。

PCやスマホからクレジットカード番号を入力してアマゾンギフト券を購入し、Eメールによって送られてくるamazonギフト券をそのままネットで業者に買取に出せるということです。

どこにも行く必要もなく手軽にクレジットカードの現金化が自分1人だけで行えるので、最近ではこのアマゾンギフト券を利用する方法が特におすすめだと言われているのです。

買取代金は銀行振込での現金化になります

詳しい手順は利用する現金化業者によって異なりますが、基本的にはネット上の業者の買取フォーム、または決められたフォーマット通りにメールを送り、先に商品券の番号を確認してもらいます。

そして、確認がとれた後に額面に買取率を賭けた金額の振込が行われます。

この買取率はその業者や金額によって変わりますが、概ね約90%にはなるでしょう。

原則的に額面が高いほど高額で買い取ってもらえることが多いですが、あまりの高額になると反って下がってしまうこともあるので注意してください。

アマゾンギフト券は額面が指定できるのがポイントです

メールタイプでこのアマゾンギフト券を購入すると、15円から50万円までの範囲で額面が自由に指定できます。ここであまり高額を購入してしまうと、逆に使い道に困ってしまうことがあるのです。

アマゾンギフト券はアカウントにその金額をチャージして使用するものなので、あまり高額をチャージしても使い切れない可能性があるのです。

これを考えて、買取に出す為に購入する時は額面は3~5万円程度がいいでしょう。

一番のおすすめは1万円ずつの小分けでの購入です。これなら好きな金額ずつ換金することができるというメリットがあり、場合によっては自分で買い物に使用してもいいからです。

クレカ現金化でも人気となる優良買取サイトランキング

携帯決済現金化に最適となる買取サイト

ランキング1位【買取本舗】
ランキング2位【買取セブン】
ランキング3位【買取ボブ】

関連記事

コメント

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。