銀行の規制により低収入の方はキャッシングは厳しくなる?

キャッシングがさらに規制される

既にご存知の人も多いと思いますが、少し前に銀行カードローンに一応の規制が入りました。

あえて「規制」と表現しますが、実際にははまだ自主規制の範囲で、今のところは各銀行が自主的に行っている対策に過ぎませんが、比較的融資対象が広かった銀行カードローンが自主規制するようになったことで、これからは現在よりも銀行からお金を借りるキャッシングの利用者が絞られてしまう可能性があります。

収入のない専業主婦や学生

収入のない方のキャッシング

銀行カードローンと言えば、同じお金を借りるためのキャッシングでも大手消費者金融の利用は難しかった専業主婦や学生に対しても融資を行っていたことで有名でした。

収入のない専業主婦には融資できない

消費者金融には2010年6月から始まった改正貸金業法による総量規制の影響によって、自身に収入のない専業主婦が借り入れすることは原則的に不可能です。

それは、総量規制では年収の1/3を借りることのできる上限と定めている為、その年収が全くない専業主婦はたとえ過去に債務事故などの履歴がなくても借りることのできる上限も0になってしまうからです。

学生は収入さえあれば利用できますが…

学生の場合、アルバイトなどで定期的な収入があれば消費者金融を利用できますが、実はそれとは別に、学生というだけで大した金額は借りられなくなっています。

例えば毎月アルバイトで平均して5万円の収入があると、年収換算で60万円になる為、その1/3の20万円まで借りられることになりますが、実際には学生の場合には10万円までという制限が付くことがほとんどです。

無担保でお金を借りられるキャッシングには信用がとても大切になります。

学生ではどうしても職場がアルバイトになる為、正社員などの定職に就いている人よりそれが低いと判断されて、総量規制の上限まで貸してくれることはあまりないのです。

銀行カードローンは総量規制の対象外

銀行は総量規制の対象外

現在では銀行カードローンも消費者金融並の審査基準になったところがほとんどですが、少し前までは専業主婦や学生にも広く融資を行っていました。

特に専業主婦には自身の収入が全くないことから、キャッシングを利用する場合には夫の収入が頼りです。

銀行カードローンではその夫の収入を元にした融資を行っていましたが、現在ではそのような融資はほとんど行っていません。

既にそのような契約をしている人は別ですが、新規での契約はメガバンクでは全く行わなくなりました。

地方銀行も怪しくなりました

もちろんメガバンクだけでなく、地方銀行にもその波が序々に押し寄せているので、「専業主婦でも銀行カードローンなら利用できる」という一昔前の決まり文句は現在では過去のものになったと言わざるを得ません。

学生には向いていません

元々銀行カードローンは学生向きではありません。

こちらもメガバンクでは元々利用できないことがほとんどで、利用するなら地方銀行でしたが、消費者金融と同様に収入とは関係なく最高でも10万円までということが多かったので、まだ消費者金融の方が利用しやすいという状態でした。

銀行カードローンに入った自主規制とは?

銀行カードローンの自主規制

しかしながら銀行カードローンは総量規制の対象ではないという点から、年収による融資金額の上限がありません。

その点から総量規制後にもとても返済ができないほどの過剰な融資を行っていたことも少なくなかったのです。

極端な例では年収が200万円の人に300万円も貸していたようなケースもあった為、この点を問題視した金融庁は異例とも言える通達を各金融機関に対して出しました。

それは、総量規制の適用こそ見送ったものの、今後も現在のような無理な融資を行っていると、将来的にそれも考えるというものです。

その結果、現在になり各銀行による自主的な銀行カードローンの自主規制がはじまりました。

各銀行が自主規制を開始

金融庁からの通達を受けて、各銀行は自主的に消費者金融のように年収の1/3程度を上限とした融資しか行わなくなったのです。

更に、自身には収入のない専業主婦にはこちらも消費者金融のように基本的に融資を行わなくなりました。

つまり、現在では銀行カードローンなら総量規制の対象外なので消費者金融より借りやすいということは無くなったのです。

今後はお金を借りることがさらに厳しくなる

カードローンの規制

現在ではまだ専業主婦が利用できる銀行カードローンも探せば可能なところもあるでしょう。

また、学生も消費者金融なら借りられない訳ではありません。

しかし、今後は専業主婦が新規に利用できるキャッシングはほとんどなくなる可能性が高く、学生も学生だけを対象としたいわゆる学生ローンでないと利用できなくなることが考えられます。

現に大手消費者金融では学生の新規の成約率が序々に落ちているという現実があります。

時代が逆行している感も…

元々キャッシングは、その昔は”サラ金”とも呼ばれていたように、サラリー(毎月の安定した給与)がある人を対象とした無担保融資です。それが専業主婦や学生などにも門戸を広げていったのが、元の姿に戻ってしまうだけだと言えるかも知れません。

カードローン契約中の人は大事に利用しましょう

この銀行に入った規制とも言える自主的な規制状態は、主に新規の契約者に対してです。既に契約中の人も限度額こそ下げられてしまうことがある知れませんが、契約ごと破棄されるようなことはまずありません。

特に専業主婦で夫の収入を頼りの契約を行っている人は、その契約を大事にしてください。

完済後に解約をしてしまうと二度と利用できないかも知れません。カードローンは完済後も自主的に解約を行わない限り、契約自体はそのまま続きます。まだ利用するかも知れない場合はこの点をよく考えた方がいいでしょう。

キャッシングができない方でもクレカ現金化なら資金調達はできる

キャッシングできない方でもクレカ現金化

今後は消費者金融と同じように銀行のカードローンやキャッシングも規制されていくことは間違いありません。

つまり低収入の方や収入のない方というのはお金を借りる方法がなくなってしまうことになります。

これは総量規制によって消費者金融の融資が規制され、その後銀行のカードローンも自主規制し始めたからです。

確かに今後は「お金を借りる」ことは厳しくなっていくことは間違いありませんが、現金化は問題なく続いていくでしょう。

クレジットカードのショッピング枠現金化はこの総量規制施行から急成長したビジネスです。

クレジットカードでお金を借りるキャッシングは総量規制の対象となりますが、買い物をするためのショッピング枠は貸金業法ではなく割賦販売法の対象となります。

したがって現金化する金額が年収の3分の1を超えることも問題ありません。

このクレジットカードのショッピング枠現金化は今後、キャッシングが厳しくなる状況の救世主となることは間違いないでしょう。

お金を借りることができない方でもできる人気のクレカ現金化サイト

トレンドクレカ現金化

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。