現金化する際の換金率以外にかかる手数料や諸経費とは?

現金化する際の換金率以外の手数料

クレジットカードのショッピング枠現金化は原則的に生活に余裕のある裕福な方が利用しているのではなく、常に金策をしているような日ごろからお金に困っている方がショッピング枠を現金化しているのです。

クレジットカード現金化を利用すれば現金化されるよりも多くのクレジットカード決済が必要となるため、実質的に債務が増えてしまうような印象があります。

ただ実際の利用者というのは現金化する際のロスを踏まえた上で今のお金を必要としているためショッピング枠を現金化しているのでしょう。

しかしながらこのクレジットカード決済する金額と手にすることができる現金のパーセンテージをまったく気にしていないわけではありません。

この買い物をする決済金額に対し現金化される金額の割合を「換金率」として表記されており、現金化業者を比較する際には換金率が基準となっているのです。

これまでクレジットカード現金化を利用した経験のある方はより高い換金率の現金化業者を探し利用したのではないでしょうか?

そういった経験者の方であればわかると思いますが、実際にはサイトに表記されている換金率だけがすべてではありません。

ではこのクレジットカード現金化で換金率以外に差し引かれることになる手数料などの料金について調査していきたいと思います。

現金化業者のサイトに表記される換金率とは?

クレジットカード現金化の換金率

クレジットカード現金化業者のホームページを見るとユーザーにとってもっとも目に付くのが換金率や還元率と表記されるパーセンテージなのではないでしょうか?

各現金化業者によってこのパーセンテージの名称は若干異なっており換金率以外にも

  • 還元率
  • キャッシュバック率
  • 現金化率

といったような表現が使用されることがあります。

名称としての違いはありますが、どれもパーセンテージで表記されており換金率表はプランや利用金額によってレートが変動することが明記されているのです。

初めてクレカ現金化を利用する方にとってはサイトの換金率がクレジットカード決済に対する現金化される金額と思われる方が少なくありません。

しかし実際にはどこの現金化業者でも換金率とは別にかかる手数料や諸経費があるのです。

クレカ現金化で換金率以外に差し引かれる手数料や諸経費

換金率以外の手数料の内訳

よくあるクレカ現金化のホームページには「最高換金率98.8%!」といったとても魅力的な換金率を見かけることがあります。

はじめてこの表記を見る方であれば「10万円分クレジットカードのショッピング枠が98,800円に現金化される」と思うのではないでしょうか?

確かに10万円の98.8%は98,800円というのは間違いではありませんが、このレートでの現金化はできません。

この大きく表示されている換金率というのはあくまでも最大値のレートであり、プランを見るとそこまで高い換金率ではないことがわかります。

即日現金化プランで10万円分の利用では85%から90%の換金率となるのが平均的な相場といえるでしょう。

しかしながらこの換金率表の数字だけではすべてではなく、さらに換金率とは別に必要となる手数料などがあるのです。

では換金率以外に差し引かれる手数料とは一体どのような内容なのでしょうか?

金融機関の振込手数料

クレジットカード現金化では基本的に銀行振り込みによって現金化業者はお金を入金することになります。

銀行振り込みをする際には同じ金融機関などの条件などによっては振込手数料無料の場合もありますが、基本的には振込手数料は発生することになります。

現金化業者によってはキャンペーンなどで振り込み手数料を負担しているところもありますが、ほとんど業者では利用者が負担しなければなりません。

銀行の振込手数料は数百円という多少の負担でしかありませんが、利用金額が少ない場合では数%のロスとなるため必ずしも微々たる金額とはいえないでしょう。

購入した商品の送料

クレカ現金化の方法はいくつかありますが、もっとも多いキャッシュバック方式の場合には必ず商品を業者が送り利用者は受け取らなければなりません。

もし仮にキャッシュバックによる現金化で商品の郵送を怠れば売買取引の実態のない融資となり、貸金業法違反となるでしょう。

現金化業者が東京を所在地とする場合、もっとも小さい60サイズでも沖縄県や北海道といった地域であれば1,339円の送料がかかります。

もっとも近い関東地域内でも907円の送料がかかり、利用するたびに商品の送料は発生します。

この現金化での送料は基本的に利用者の負担となり代金引換での郵送ではなく、現金化される金額から送料は差し引かれることになるのです。

消費税

オンラインでのクレカ現金化の大半がキャッシュバック特典付き商品をカードで購入する現金化方法となります。

キャッシュバック方式のクレジットカード現金化は一般的なネットショッピングと同じ商品の売買取引です。

つまり商品を購入する際には販売価格に8%の消費税がかかるのは知らない方はいないでしょう。

そのためキャッシュバックによるクレカ現金化でも換金率とは別に商品の購入価格に消費税の8%が加算されることになるのです。

クレカ現金化の消費税の計算方法

10万円の利用で換金率85%の場合

決済金額10万円×換金率85%=85,000円(送金額)

決済金額10万円+消費税8%=108,000円(実際の決済金額)

85,000送金額÷108,000円決済金額=78.7%(実際の換金率)

一般的な売買取引にはない不審な手数料

現金化の不審な手数料

クレジットカード現金化というビジネスは普通の商売とは異なる特殊なサービスと考えている方は少なくないでしょう。

確かにクレジットカードのショッピング枠は買い物をするための利用枠でありながら、それをお金に換えるサービスです。

そういった点だけを見れば特殊なサービスだと思われるかも知れませんが、実際には一般的にあるサービスによって現金化は行われています。

キャッシュバック方式での現金化方法というのは基本的にECサイトでのネットショッピングであり、カード決済によって購入する商品に現金キャッシュバックという特典がついてくるという内容です。

したがって現金化でのキャッシュバックはネットショッピングをするだけでしかありません。

方法としてはオンラインショップでしかありませんが、実は通常のネットショッピングにはない不審な手数料が差し引かれることもあるのです。

クレジットカードの決済手数料

Amazonや楽天市場といった大手のショッピングサイトで買い物をした経験がある方は少なくないでしょう。

ネットショッピングでは銀行振り込みでの決済方法では振込手数料を負担することになり、商品の送料は別途かかるところも少なくありません。

したがってキャッシュバックでのクレカ現金化の同じです。

ただクレジットカード現金化ではクレジットカードの決済手数料が利用者の負担となるケースもあります。

通常のネットショッピングでのクレジットカード決済では決済手数料はショップ側が負担することになりますが、クレカ現金化では現金キャッシュバックから決済手数料が差し引かれることになるのです。

この決済手数料を利用者に負担させるという行為というのは決済代行会社との契約上の違反行為となりますが、クレジットカード現金化という特殊なサービスの性質上、ショップ側は負担せず利用者が支払うことが一般的とされています。

システム使用料・初回登録料

現金化するユーザーにとってできる限り高い換金率を望むのは当然のことですが、反対に現金化業者は巧妙な言い訳によって実質的な換金率を引き下げようとしています。

銀行の振込手数料や決済手数料は実際にあるものであり、差し引かれても仕方がないと感じる方もなかにはいますが悪質な現金化業者の場合、さらに手数料がかかることもあるのです。

それは実態のないシステム使用料や初回登録費など名目だけの手数料であり、誠実な営業をしている現金化業者にはないものです。

結局のところ客の足元を見て換金率を下げるための言い訳でしかありません。

もし不可解な手数料を告げられた場合にはすぐにキャンセルするようにしましょう。

実際のクレカ現金化の換金率の平均相場とは?

クレカ現金化の換金率の相場

実際のところ現在のクレジットカード現金化のサイトで明確に振り込まれる金額が表記されている業者はひとつもありません。

これは現金化業者の顧客獲得争いが熾烈化した結果、より高い換金率を表記することになった業界全体の動向であり真実の換金率を表記したところで利用者が申し込みをすることはないからです。

そのためクレカ現金化で表記されている換金率はご挨拶程度のものと解釈したほうが賢明といえるでしょう。

では実際に適用される換金率の水準はどのくらいなのかといいますと、現金化する金額等にもよりますが70%から80%というのが平均的な相場となっています。

したがって90%以上の換金率でのクレジットカード現金化を行う業者は存在しません。

このクレカ現金化の換金率の誇大広告は何年も続いていることであり、ある意味、常識といえるでしょう。

しかし最近では決済金額の90%以上を現金化できる方法もあるのです。

買取ボブなら90%以上の換金率で現金化することも可能

買取ボブなら高価買取が可能

クレジットカード現金化にはいくつかの方法がありますが、「最強の現金化方法」とも言われているのがamazonギフト券をクレジットカードで購入し現金化する方法です。

そんなamazonギフト券の買取業者としてもっとも人気のある買取ボブでは初回の利用に限り91%の買取率でamazonギフト券を換金することができます。

クレジットカード現金化での換金率は実際のものとは異なりますが、amazonギフト券の買取は商品券を換金するのと同じように正規のレートを表記していますので、それ以外の手数料などはありません。

したがってクレカ現金化業者では絶対にありえない90%以上の換金率を買取ボブなら実現することが可能なのです。

もしクレカ現金化での換金率に納得できなければ買取ボブでamazonギフト券を換金するのが最適といえるでしょう。

 

amazonギフト券高価買取の買取ボブのお申し込みはコチラから

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。