携帯決済現金化サイトとamazonギフト券買取業者を徹底比較

アマギフ買取と携帯決済現金化の比較

ここ数年の間にクレジットカードのショッピング枠現金化だけに限らず携帯キャリア決済現金化でも主な現金化方法というのがamazonギフト券を購入し換金する方法が急増していることは間違いありません。

ではこのクレジットカード決済や携帯キャリア決済によって購入したamazonギフト券をどのように換金しているのかといいますと、

  • 携帯電話のキャリア決済現金化サイト
  • amazonギフト券買取業者

のいずれかで換金し現金化していると思われます。

クレジットカードのショッピング枠現金化の業者でもamazonギフト券の買取も行っているところはありますが、ごくわずかしかありません。

クレジットカード現金化の大半はamazonギフト券の買取ではなく、未だにキャッシュバック特典付き商品を販売する現金化方法が主流となっているのが現状です。

しかしながらAmazonサイトなどでクレジットカード決済によってamazonギフト券を問題なく購入することができるため「amazonギフト券の換金」というニーズは少なくないでしょう。

ではamazonギフト券の買取を業務として行っている携帯決済現金化サイトとamazonギフト券の買取業者を比較していきますので参考にしていただければと思います。

実際の店頭買取が可能な店舗の有無

携帯決済現金化の店舗

携帯キャリア決済の現金化のほとんどが携帯決済に加えクレジットカードのショッピング枠現金化も兼業しているところが少なくありません。

実は携帯決済現金化というビジネスは30年以上前からあるクレジットカード現金化から派生した業務形態といえるでしょう。

現在でもクレジットカード現金化を行っている店舗は都心のターミナル駅周辺に多くあり、そこで携帯決済の現金化も行っているところがあるのです。

その点、amazonギフト券の買取は街中にある金券ショップでは取り扱っておらず、インターネット上で取引される買取業者で換金されています。

アマゾンギフト券はデジタルコードの買取となるためメールなどでギフト券番号によって手続きすることになるためamazonギフト券の買取業者の店舗はありません。

同じデジタルコード買取業務でもサポート内容は異なる

買取業者でのサポート内容

どちらの業務内容も申し込みをしてくる利用者からamazonギフト券を換金するのは同様といえるでしょう。

確かに「amazonギフト券の買取」という商売の部分では同じですが、サポートする内容は異なっているのです。

amazonギフト券買取業者のサポート内容

まずamazonギフト券の買取業者は金券ショップと同じような業務形態といえるでしょう。

つまり利用者の手元にあるamazonギフト券を送ってもらい換金し買い取り代金を振り込むというシンプルな手続きとなります。

したがってamazonギフト券であればどのタイプでも買取が可能となり、

  • Eメールタイプ
  • PDF印刷タイプ
  • カードタイプ
  • シートタイプ
  • チャージタイプ

といったさまざまなタイプのギフト券を換金することができます。

amazonギフト券の購入に関しては多少のサポートは行っていますが、「ギフト券のメールが送られてこない」といった場合にはカスタマーサポートの連絡先を教える程度の簡易的なサポートしか行いません。

携帯キャリア決済現金化サイトでのサポート内容

amazonギフト券の買取業者では基本的に買取業務のみとなりますが、携帯決済現金化では購入からのサポートとなります。

携帯キャリア決済は各キャリアごとに購入可能な商品の違いやキャリア決済の種類があり、それぞれの決済方法に応じて現金化することになるのです。

一般的な携帯決済といえば

  • ドコモケータイ払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い

となりますが、携帯決済現金化ではそれ以外にも

  • ドコモ口座
  • ドコモかざしてクレジットiD
  • ドコモSPモード決済
  • auまとめて支払い

といった携帯電話に関連する決済サービスの現金化のサポートを行っているのです。

したがって携帯決済現金化で換金される商品というのは全て新規発行のものという特徴があります。

身分証明書による本人確認の有無

身分証明書による本人確認

携帯決済現金化とamazonギフト券買取という類似したサービスにおいて、大きく異なる部分としては写真付きの身分証明書による本人確認の有無といえるでしょう。

大黒屋などの大手金券ショップで商品券などをある程度以上の額面を換金する場合には古物営業法に基づいて本人確認が義務付けられています。

そしてamazonギフト券買取業者でも換金の手続きの前にメールにて身分証明書の画像を送信するといった本人確認が必ず行われますが、実はamazonギフト券などのデジタルコードの売買には本人確認は必要ありません

厳密にいいますとデジタルコードは古物にはならないためその売買も古物営業法には該当しないため本人確認は必要ないのです。

ではなぜamazonギフト券買取業者では換金する際に本人確認をする必要があるのかといいますと、

  • 有効期限が経過したギフト券の可能性がある
  • 詐欺が不正に入手したギフト券の可能性がある
  • 他人のギフト券を無断で換金している可能性がある

といった様々なリスクがあるからです。

たとえば買取業者が利用者にどこで入手したギフト券を問いただしても「友人からプレゼントされたギフト券」といわれればそれを確認する方法はありません。

そのため詐欺や盗品といった犯罪性のあるギフト券という可能性もあるのです。

それに対し、携帯決済現金化では本人確認はなく現金化することができます

この理由というのは携帯決済現金化では申し込みしてからの購入となるため全て新規発行したばかりのギフト券となるため詐欺や不正に入手したものはありません。

そして携帯決済の仕組みも容易に他人のものを利用することはできないようになっており

  • キャリアのアカウントID
  • パスワード
  • ネットワーク暗証番号

といった携帯電話所有者にしかわからない情報が必要となるからです。

したがってもしタクシーに落ちていたスマホにロックがかかっていなかったとしてもその携帯決済を無断で使用することはできないでしょう。

普通に携帯電話を使用している方でも「ネットワーク暗証番号」は携帯電話を契約する際に指定する暗証番号のため覚えていない方も少なくありません。

そのため携帯決済の不正使用は簡単にはできないため現金化する際にも本人確認をすることなく利用することができるのです。

買取率の大きな違い

やはりクレジットカード現金化や携帯決済現金化を比較する際にもっとも重要となるのが換金率ですがamazonギフト券を換金する際にも買取率は非常に重要なポイントといえるでしょう。

amazonギフト券買取サイトでの買取レート

買取ボブでの換金率

まず業界でも最大手となるamazonギフト券買取業者の買取ボブでの買取率はといいますと、amazonギフト券の換金では88%から91%と高い買取率が表記されています。

クレジットカード現金化の多くは高い換金率を表記しているにも関わらず実際に申し込んでみると

  • 決済手数料
  • 消費税
  • 商品の送料

といったサイト内には表記されていない諸経費がかかり実質70%程度の換金率となることもありますが、買取ボブは表記されているレート換金できるため虚偽の表記ではありません。

携帯決済現金化サイトの換金率

三つ葉ストア買取率

携帯決済の現金化の場合、どの利用者も5万円未満という少額の利用が多くなります。

これは携帯決済の利用限度額は1契約につき最大10万円までとなっており、ほとんどの方は5万円までの携帯決済の利用枠しかありません。

クレジットカード現金化でもそうですが利用金額によって換金率は上下することになり、少額なほど換金率は低下することになります。

もちろん携帯決済現金化は購入のサポートなども考慮されますが、amazonギフト券買取業者と比較すると換金率は10%以上低いのは間違いありません。

ニーズあった買取サービスを利用しましょう

アマギフを換金するサイトの比較

このように同じ電子ギフトの換金というビジネスでも携帯決済現金化とamazonギフト券買取では内容が大きく異なってきます。

  • 携帯キャリア決済現金化を利用したことがない初心者の方
  • 携帯決済の限度額の確認方法がわからない方
  • キャリア決済の使用方法がわからない方
  • 身分証明書を提示したくない方

といったニーズの方は購入方法からサポートしてくれる携帯決済現金化サイトが適しているでしょう。

そしてamazonギフト券の買取は

  • 過去に携帯決済でamazonギフト券を購入した経験がある方
  • 携帯決済現金化の換金率に納得がいかない方
  • クレジットカードのショッピング枠現金化としてamazonギフト券を換金される方

といった利用者に向いているのではないでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。