鉄板の現金化!商品券をクレジットカードで買える金券ねっと

クレジット決済で商品券が買える金券ねっと

近年のクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法として高い換金率で現金化することができ、すべての手続きをオンラインで完結できるamazonギフト券を換金するクレカ現金化が主流となってきています。

確かに従来のキャッシュバック特典付き商品を購入する方法や新幹線の回数券を転売する方法と比較するとamazonギフト券による現金化は今までにない画期的な方法ということは間違いないでしょう。

ただ、このamazonギフト券というのはWEB上で取引される電子ギフトであり原則的にデジタルコードといった文字の羅列を売買することになります。

このamazonギフト券の特徴は実際にある現実の世界とは異なるインターネットでの取引となることからパソコンやスマートフォンが苦手なアナログな方は対象外となる現金化方法といえるでしょう。

そんなアナログの時代を生きる方がもっとも効率的にクレジットカードのショッピング枠を現金化することができる新たな方法があるのです。

それは現在でもタブーとされている商品券やギフトカードをクレジットカード決済で購入できる専門の販売サイト「金券ねっと」となります。

今までのクレカ現金化の常識としてもっとも換金性の高いとされる商品券やギフトカードはクレジットカードでは購入することはできないとされていました。

しかしこの金券ねっとは百貨店やクレジットカード会社が発行している商品券やギフトカードをクレジットカード決済で購入することができるのです。

つまり金券ねっとなら商品券をクレジットカードで買い現金化することができることになります。

ではこのこれまでの現金化の常識を覆す商品券をクレジットカードで買える金券ねっとでのショッピング枠現金化について検証していきます。

【金券ねっと】商品券をクレジットカードで購入!
即日発送・あんしんのクレジット決済

 

商品券はもっとも高く換金することが可能なクレカ現金化に適した商品

換金性の高い商品券

街中で見かける金券ショップでは店頭のショーケースの中にはさまざまなコンサートのチケットやギフトカードが並べられていますが、その中にはJCBやVJAといった商品券もあります。

そもそも商品券というのはお祝いやお歳暮といった贈答用の金券類であり、購入者自身が使用する目的で購入することはありません。

そのため親戚や知り合いからいただいた商品券を金券ショップで換金するのは日常的なことといえるでしょう。

ただクレジットカード会社はクレジットカードを換金目的で使用することを利用規約によって禁止しており、特に換金性の高い商品券を購入することは難しいのです。

つまりクレジットカード現金化で購入する商品としては商品券はタブーとなっています。

しかし発行元のデパートや金券ショップではクレジットカードでは商品券を購入することはできませんが、もし商品券でクレジットカード現金化ができるのであればどのくらいの換金率となるのでしょうか?

商品券によるクレジットカード現金化の換金率

商品券の換金率

クレジットカードのショッピング枠を現金化する上で「換金率」はもっとも大きな比重を占めるポイントといっても過言ではありません。

よくクレジットカード現金化の業者を比較する際にも換金率ランキングの上位に表示されているサイトに申し込みをしている方も多いのではないでしょうか?

金券ねっとで商品券をクレジットカードで購入する現金化方法の場合、業者を介すことなく現金化することができるため単純に購入する商品券をどのくらいのレートで換金することができるのかが換金率となります。

ではクレジットカード現金化の業者と商品券の換金率を比較してみましょう。

キャッシュバック特典付き商品購入 70%~80%
新幹線の回数券買取 80%程度
amazonギフト券買取 80%~90%
JCBギフトカード 97.5%
VJAギフトカード 97.5%
全国百貨店共通商品券 97.5%

大手買取ショップ大黒屋での2018年2月現在の買取率を参照にしたところ、メジャーな商品券やギフトカードはこれまでのクレジットカードのショッピング枠現金化方法ではありえない97.5%という非常に高い換金率で現金化することができるのです。

つまりクレジットカード現金化する際には金券ねっとを利用するのがもっとも効率的といえるでしょう。

金券ねっとならクレジットカード決済で商品券が買える

商品券をクレジットカード決済で買える

これまでのクレジットカードのショッピング枠を現金化するための方法と比較すると金券ねっとで販売されている商品券やギフトカードをクレジットカードによって購入し最寄の金券ショップで換金する方法はもっとも高い換金率でショッピング枠を現金化することができます。

したがってこの金券ねっとでの商品券をクレジットカードで購入できるという特徴は現金化な最適な商品券販売サイトといえるでしょう。

現在、金券ねっとで商品券を購入することが可能なクレジットカードの国際ブランドは

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

といった日本国内で90%以上のシェアを誇るクレジットカードに対応しています。

なぜ金券ねっとでは商品券の購入にクレジットカード決済が可能なのか?

これは金券ねっとは海外の決済ラインを使用しているため商品券の販売にクレジットカード決済が使用できるのです。

もちろん海外の決済ラインだからといってクレジットカードが利用停止になるなどのリスクはありません。

ただクレジットカード会社によっては決済する際には本人による使用の確認がある場合がありますので、決済自体は問題なく購入することはできるでしょう。



金券ねっとが通常の商品券購入とは異なる点

金券ねっととチケットショップの違い

クレジットカードで商品券を購入することができる金券ねっとは普通の金券ショップやチケットショップとは異なった業務内容といえるでしょう。

もとろん金券ねっとは東京都公安委員会による古物商としての許可を取得している正規の企業ですが、大黒屋などの大手チケットショップとは異なった点があるのです。

商品券の購入は会員登録が必須

正規の販売店や金券ショップでギフトカードや商品券を購入する場合にはお金を支払えば特に何も必要ありませんが、金券ねっとで商品券を購入する際には会員登録が必要となります。

これはamazonサイトなど大手のオンラインショップでも当然のように会員登録は必要となりますが、金券ねっとでは商品の購入手続き完了後に身分証明書の確認を行ってからの発送となるのです。

したがって金券ねっとでクレジットカードで商品券を購入するためには

  • 運転免許証(*1)
  • 健康保険被保険者証(*2)
  • 国民健康保険被保険者証
  • マイナンバーカード(*3)
  • 住民基本台帳カード(*1)
  • 日本国旅券(*4)
  • 在留カード(1)(5)
  • 外国人登録証明書(1)(5)

(1)変更事項がある場合はウラ面もご用意ください。
(
2)かならず住所を記入してウラ面もご用意ください。
(3)通知カードでは受け付けすることができません。
(
4)2ページ目(顔写真ページ)と表3(所持人記載欄ページ)をご用意ください。
(*5)在留資格が「永住者」のものに限ります。

といった確認書類を予め準備しておく必要があります。

額面よりも割高の価格で販売されている

金券ねっとで商品券を購入する際に誰もが気づくことですが、1万円分のギフトカードの販売価格は通常は1万円で販売されておりチケットショップだと少し安い9,800円程度の価格で購入することができます。

しかしながら金券ねっとでの1万円分のJCBギフトカードの販売価格は11,090円と若干割高の価格となっているのです。

これはもちろん効率的にクレジットカードのショッピング枠を現金化するためであり、10%程度高い価格でも十分満足できる現金化の換金率となるからでしょう。

したがってクレジットカード現金化以外の目的での金券ねっとはあまり利用価値はないことは間違いありません。

類似した商品券販売サイトには要注意

類似した商品券販売サイトには要注意

金券ねっとではクレジットカード現金化目的としての商品券販売サイトであり、多少高い価格でクレジットカードで商品券を購入することができるサイトですが、実は他にも商品券をクレジットカードで購入できるサイトはいくつかあるのです。

金券ねっとの販売価格は10万円分のJCBギフトカードを購入する場合、110,900円の価格で購入することになり通常一律500円の送料は初回に限り無料で購入することができます。

したがって金券ねっとを利用するショッピング枠現金化では

  • クレジットカード決済金額 110,900円
  • 10万円分のギフトカードの大黒屋での買取価格 97,500円
  • 換金率 約88%

といった計算になります。

しかしながらそのほかの金券販売サイトでは悪質といえるほど高い販売価格で商品券が販売されているのです。

ではどのくらいの価格なのかといいますと10万円分のJCBギフトカードの場合

  • 本体価格 114,000円
  • 税・サービス料 5,600円
  • 送料手数料 680円
  • 決済手数料(VISA・Master) 8.8%
  • 即日発送 3,000円

といったように様々な手数料が加算され総額133,865円という驚きの金額となるのです。

当然ながら通常のクレジットカード現金化よりも確実に損をすることは間違いありません。

やはり金券ねっとでのショッピング枠現金化が鉄板といえるのではないでしょうか?



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。