アカウントに登録済みのamazonギフト券チャージ残高の換金

ここ数年で普段の日常的な買い物だけに限らずネットショッピングでも国内最大手となるAmazonを利用するようになった方は多数いるのではないでしょうか?

Amazonサイトでは有料会員となるアマゾンプライム会員になれば注文手続きから最短1時間以内で商品が届く「お急ぎ便」といったその他のオンラインショップよりも優れた特徴があることから、急成長している総合ショッピングサイトです。

そんなAmazonで買い物の支払いに利用することができる「amazonギフト券」は多くのAmazonユーザーにとってはお金と変わらない価値といっても過言ではありません。

このamazonギフト券はコンビニや大手ドラッグストアでも見かけることはありますが、Amazonサイト内でも販売されています。

実際の店舗で購入できるカードタイプやシートタイプ以外にもAmazonではデジタルタイプとなる

  • Eメールタイプ
  • PDF印刷タイプ
  • チャージタイプ

といった物質的な存在のないギフト券番号となるデジタルコードもあるのです。

特にamazonギフト券のEメールタイプはクレジットカードのショッピング枠を現金化する目的でも購入されることが少なくありません。

こういったamazonでの買い物だけではなくクレジットカード現金化としても活用されているamazonギフト券ですが、換金することが可能なamazonギフト券はアカウントに登録されていない状態のものに限られています。

なぜならamazonギフト券のギフト券番号は一度アカウントに登録されますと、他のアカウントに移動することはできません。

つまりアカウント内のamazonギフト券チャージ残高はそのアカウントで買い物をすることにしか利用できないのです。

そんなAmazonのアカウントに登録されたチャージ済みのギフト券残高は現金化することは可能なのでしょうか?

一般的なamazonギフト券買取業者では登録されていないギフトの買取のみ

アマゾンギフト券買取安心ギフト

「amazonギフト券を格安で購入したい」という需要があるように「amazonギフト券を高く換金したい」といった供給も少なからずあることからamazonギフト券が売買される市場は成り立っています。

クレジットカードのショッピング枠現金化としてamazonギフト券が換金される理由というのはamazonギフト券を安く買いたいというニーズが多くあることから高いレートで取引されるため現金化する際の換金率が高い点にあることは間違いありません。

実際にはamazonギフト券以外のデジタルギフトによって現金化することも可能ですが、よりニーズの多いamazonギフト券が適しており買取業者もそれ以外のデジタルギフトを取り扱うことはないのです。

そんなamazonギフト券の買取業者で換金されるのはアカウントに登録されていないギフト券となります。

なぜなら街中にある金券ショップと同様に買取業者はユーザーから買い取ったamazonギフト券を転売することによって収益を上げているからです。

つまり転売することのできないアカウントに登録済みのギフト券のチャージ残高を買い取る業者はまずないでしょう。

amazonギフト券の登録されたアカウントの売買を行うリスク

アマゾンアカウント売買のリスク

amazonギフト券の買取業者がアカウントに登録済みのギフト券チャージ残高を換金しない理由は転売することができないからですが、一部の買取業者ではamazonギフト券が登録されたアカウントの買取をしているところもあります。

このAmazonのアカウントの買取とは一体どのような内容なのかといいますと、アカウントにサインインするためには

  • メールアドレス
  • パスワード

といった2つの情報しか必要ありません。

そしてAmazonのアカウント内にギフト券の未使用残高を確認することができれば、売買が可能なアカウントとなり取引が成立すればメールアドレスやパスワードは変更され、買取代金を受け取ることができます。

したがって自分自身のアカウントにギフト券がチャージされた状態でも現金化は可能ということになりますが、実はこのアカウントの売買という行為には思わぬリスクが潜んでいるのです。

amazonアカウント内の個人情報

Amazonサイトは総合オンラインショッピングサイトであり、買い物をするために利用している方は少なくないでしょう。

そのためアカウント内には

  • 過去の商品購入履歴
  • クレジットカード情報・請求先住所
  • 携帯キャリア決済情報
  • 電話番号
  • 商品の発送先住所

といった個人情報が含まれていることになります。

もちろんクレジットカード情報や携帯決済の情報は削除することもできますが、アカウント内に残したまま売買すれば当然、情報漏洩がしてしまうことにより悪用される危険性もあるでしょう。

さらにamazonのアカウント内の商品購入履歴は完全に削除することはできません。

こういったリスクを踏まえた上で登録済みのギフト券残高のアカウントを売買することになるのです。

amazonの利用規約ではアカウントの売買は禁止されている

クレジットカードのショッピング枠現金化や携帯決済の現金化としてamazonギフト券が購入されることは少なくありませんが、実はこのamazonギフト券を使用するにあたっての「細則」というルールが定められているのです。

このアマゾンギフト券細則の制限という項目において

アマゾンサイトのアカウントに登録されたギフト券の未使用残高は譲渡できません。

といった内容が明記されています。

つまりAmazonのアカウントの売買だけではなく登録済みギフト券の残高を譲ることは利用規約違反とも言える行為なのです。

登録済みのギフト券チャージ残高の換金が可能な買取ボブ

アカウント残高が現金化できる買取ボブ

原則的にアカウントというのは1個人に対し1アカウントとなり、複数のアカウントを使用することは認められていません。

そのためAmazonのアカウントの売買というのは今後、Amazonを利用していく上で障害が出る可能性のある不当な行為といえるでしょう。

そうなりますと登録済みのamazonギフト券のチャージ残高を現金化するのは危険なようにも感じられます。

ところが買取ボブはアカウントを売買するのではなく、登録済みのamazonギフト券の残高だけを買取しているのです。

この買取ボブでのアカウント内のギフト券の換金は通常の未登録のamazonギフト券買取と比較すると異なる部分があります。

  • 登録済みギフト券の買取率は70%となる
  • 3,000円以上のギフト券残高がなければ換金することはできない
  • 即日現金化はできず買取代金が送金されるまで1週間から10日必要となる
  • 全てのギフト券残高を換金することができるとは限らない

といった点が通常のamazonギフト券の換金とは違いますが、登録済みのamazonギフト券を換金することができるのは買取ボブだけでありそれ以外の現金化方法はありません。

買取ボブがギフト券のチャージ残高を換金できる理由

買取ボブが登録済みギフト券を換金できるわけ

amazonギフト券の買取業者は基本的に転売することができる未登録のamazonギフトを換金することができます。

買取業者の中にはチャージされたギフト券残高のあるアカウントを買取しているところもありますが、いくつかのリスクを回避することはできません。

では買取ボブでの登録済みのamazonギフト券を換金することができるのはどのような理由からなのでしょうか?

実はこの買取ボブでの登録済みギフト券残高の換金というのは、「ギフト券を買い取る」というよりは「チャージ残高で買い物をした商品の買取」といった現金化方法なのです。

買取ボブを運営している『お魚通販.com株式会社』という企業は東京都公安委員会第308841707262号という許可を取得している古物商許可店となります。

この古物商の営業許可店は金券ショップや中古車買取といった中古品の売買を事業として行うために必要となるものであり、買取ボブはamazonギフト券やiTunesギフトといったデジタルギフト以外の商品を買い取ることもできるのです。

したがってこの登録済みギフト券残高の買取は利用者のアカウントで買取ボブに指定された商品を購入し、買取ボブを送り先にして換金する現金化方法なのです。

そのため登録済みのギフト券を換金した後でもアカウントは今まで通り買い物に使用することはできます。

 買取ボブで登録済みのamazonギフト券を換金される方はコチラ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。