amazonギフト券の高価買取・格安購入ができる売買サイトとは?

電子ギフト売買サイトでの現金化の効率

最近では「メルカリ」や「マクマ」といったスマホだけで商品の売買が手軽にできるフリマアプリが人気となっていることはご存知かと思います。

それ以前からもヤフオクやモバオクといったオンラインでの個人間売買となるネットオークションはありましたが、オークション形式での競りではなく、出品者が提示する金額での売買となるフリーマーケットとしての取引となる点がシンプルに売買でき多くの方に活用されているのです。

ただネットオークション同様、見知らぬ相手との取引となる点には不安を感じる方も少なくないでしょう。

それでも近年のインターネット文化の普及もあり、フリマアプリのようなオンラインでの取引というのは今後も増加していくことは間違いありません。

メルカリやラクマは国内でも大手となるさまざまなジャンルのアイテムを個人間で売買できるフリマアプリですが、それ以外にも各分野に特化している個人間の売買サイトがあることはご存知でしょうか?

といったように様々なジャンルのフリマアプリが登場していますが、実はamazonギフト券やiTunesギフトといった電子ギフトを個人間で売買するマーケットもあります。

ではそんなamazonギフト券やiTunesギフトカードなどの電子ギフトの高価買取・格安購入ができる売買サイトについて解説していきます。

クレジットカード現金化・携帯決済現金化は業者を利用する方が多数

現金化業者換金館

クレジットカードのショッピング枠現金化や携帯電話のキャリア決済現金化を利用したことのない方にとっては、どのような方法で現金化されるかは想像もつかない方がほとんどといえるでしょう。

確かに現金化の方法とはいくつもあり各業者によって方法は異なっておりますが、近年ではこの現金化でもっとも多く活用されるのがamazonギフト券などの電子ギフト券を購入し換金する現金化方法となります。

つまりクレジットカード現金化のサイトに申し込みをすると振込銀行口座や身分証明書での本人確認の後に、AmazonサイトでEメールタイプのギフト券を購入するよう指示されることになるのです。

そしてAmazonから届いたギフト券のメールを現金化業者に転送すれば手続きは完了となり現金化された買取代金が振り込まれることになります。

したがって現金化業者はamazonギフト券を換金することによって、利用者のショッピング枠が現金化されることになるのですがより効率的に現金化するためには業者よりも高い買取率で換金する方法といえるでしょう。

amazonギフト券のEメールタイプはクレジットカード決済でのみでしか購入することができないタイプのギフト券であり、他にもっと高く換金することができればクレジットカード現金化の効率が上がることは間違いありません。

そんなamazonギフト券やiTunesギフトカードの個人間売買が行われるサイトでの現金化は可能なのでしょうか?

電子ギフトが個人間で売買されるフリマサイトとは?

電子ギフト売買サイトamaten

以前は自分で行うクレジットカード現金化の方法としてもゲーム機などが利用されていたこともありますが、たとえ購入したばかりの新品のゲーム機であっても購入価格の8割以下の買取価格となることは珍しくありません。

ゲーム機だけに限らず中古品の買取市場というのは定価よりも低い金額で取引されることになり、現金化をすれば数割の負担を背負うことになるのは当然といえるでしょう。

ただ近年では大型家電量販店でも品薄状態が続いているニンテンドースイッチなどの商品に限っては定価に近い価格での高価買取が可能です。

それでも定価を下回ることにはありますが、こういったプレミア価格となる人気商品の場合、買取業者よりもフリマサイトに出品することによって定価以上の価格で換金することもできます。

もちろんプレミア価格の商品は入手困難であり、時期やタイミングによっては大幅に値下がりすることもありますが、こういった一般的な買取市場とは異なるマーケットが存在するのです。

ではクレジットカード現金化や携帯キャリア決済現金化でも定番となりつつあるamazonギフト券やiTunesギフトが売買される個人売買マーケットとは一体どのようなサイトなのでしょうか?

総合フリマアプリとの違い

今ではメルカリやラクマといったフリマアプリは多くの方がスマホでの商品売買に活用していますが、洋服やアクセサリーなどが中心といえるでしょう。

そのほかににもスポーツ用品や工具などさまざまなジャンルのアイテムが取引されています。

基本的にフリマアプリでの商品購入の流れは

  1. フリマアプリのアカウントの作成
  2. 出品されている商品の購入
  3. 代金の支払い
  4. 入金確認後、商品の発送
  5. 商品の受け取り

といったように商品が問題なく届いた時点で取引が完了となります。

では電子ギフトの個人間売買サイトでの商品購入の手順はといいますと、

  1. 売買サイトのアカウントの作成
  2. アカウントに銀行振り込みなどで入金
  3. 出品されている電子ギフト券購入
  4. ギフト券のデジタルコード開示
  5. 問題のない電子ギフトであれば取引完了

といったように

  • 商品を購入するためには事前にチャージ(入金)が必要
  • デジタルコードと呼ばれるギフト券番号に取引となる
  • 商品の配送がないため送料は必要なく時間はかからない

このように通常のフリマアプリでの売買とは異なる点があります。

電子ギフト売買サイトで取り扱われている商品

総合的なフリマアプリとは異なり電子ギフトでの個人間売買に特化したフリマサイトでは基本的に

  • amazonギフト券
  • iTunesギフト
  • Google Playギフト
  • ニンテンドープリペイドカード
  • LINEプリペイドカード

といったような運営会社のサーバー上で管理されている電子ギフトのコードの売買となります。

大手電子ギフト売買サイトでは実際の商品券を取り扱うところもありますが、原則的にはギフト券番号だけの売買ができるサイトです。

電子ギフト個人間売買サイトでの高価買取や格安購入の流れ

電子ギフト売買サイトのアカウント作成

amazonギフト券を効率的に現金化することができる個人間売買サイトはいくつかありますが、どの売買サイトでも利用するためには新規会員登録によってアカウントを取得しなければ利用することができません。

ではどのような流れで新規会員登録を行うのかといいますと

  1. メールアドレスとパスワードでユーザー登録をする
  2. 氏名や生年月日などで新規会員登録を行う
  3. 携帯電話のショートメッセージでSMS認証
  4. 身分証明書の画像添付での本人確認

といった流れでアカウントが作成されます。

売買サイトの会員登録が完了すればすぐに利用することができますが、ここからは電子ギフトの購入と出品に分けて解説していきます。

amazonギフト券の格安購入

Amazonで普段から買い物をしている方にとってamazonギフト券はお金と変わらない価値のあるギフト券といえるでしょう。

そんなamazonギフト券を額面よりも安い価格で購入することができるのがこの電子ギフト売買サイトなのです。

では電子ギフト売買サイトでどのようにamazonギフト券を格安購入するのかといいますと、まず始めに銀行振り込みなどによってアカウントに残高をチャージする必要があります。

売買サイトでは購入後の代金振込ではなく、事前にチャージした残高によって売買することになるシステムとなっているのです。

これは売買サイトが個人間を仲介するという意味で確実な方法といえるでしょう。

電子ギフト売買サイトでは電子ギフトの種類ごとに出品されているギフト券の情報が並んでいます。

  • ギフト券の額面
  • 有効期限
  • 出品レート
  • 出品者の履歴

この中から購入したいギフト券を選択し購入手続きを行います。

amazonギフト券など高価買取での現金化

amazonギフト券を格安で購入したいという方だけではなくクレジットカード現金化などの目的で「なるべく高くamazonギフト券を換金したい」というニーズから電子ギフトの売買サイトは成り立っています。

では電子ギフトの売買サイトでのamazonギフトを出品する方法についてはどのような流れなのかといいますと、売買サイト内から「ギフト券を売る」という項目から出品することが可能です。

  • ギフト券の額面
  • ギフト券番号
  • 有効期限
  • 販売価格

といった出品するギフト券の情報だけを入力するだけで簡単に販売することができます。

そして出品したギフト券が購入され問題がなければすぐに出金することが可能です。

電子ギフト売買サイトでのamazonギフト券現金化の効率

amazonギフト券の個人間売買の効率

クレジットカードのショッピング枠現金化及び携帯キャリア決済の現金化を利用した方であればわかると思いますが、現金化業者での換金率の相場は70%から80%となることがほとんどでしょう。

この現金化のレートに満足いかない方も少なくありませんが、これが業界の相場であり90%以上の換金率で現金化できる業者は存在しません。

そのため大半の現金化ユーザーはこの範囲内の換金率が常識となりますが、売買サイトを活用する業者を利用しない現金化方法が効率的といえるでしょう。

amazonギフト券はクレジットカードで購入することができ、携帯キャリア決済でもプリペイドカードにチャージすることによってamazonギフト券を購入することができます。

したがって現金化業者を利用するのではなく自分でクレジットカードでamazonギフト券を購入し個人間売買サイトで換金すれば効率的に現金化することができるのです。

では売買サイトで取引されるamazonギフト券のレートはどの程度なのかといいますと、時期などにもよりますが90%以上での売買取引が相場となっているのです。

つまり自分でできるクレジットカード現金化方法として90%以上の換金率でできる効率的な方法ということは間違いありません。

これまで一般的な現金化業者で決済金額の70%の換金率で利用していた方が比較すれば圧倒的に高い換金率ということになるでしょう。

そんな有効に利用できる現金化のための売買サイトの人気ランキングはコチラ

今、人気の電子ギフト売買サイトランキングBEST3

1位amaten
2位ベテルギフト
3位Giftisse.com

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。