バンドルカードのポチっとチャージによる後払い現金化がヤバい!

バンドルカードでの後払いによる現金化

「目の前のアイテムを瞬時に現金化できるスマホアプリ」として世間を賑わせたのがCASHという現金化アプリが登場したことは記憶にあるのではないでしょうか?

そんな現金化アプリCASHはリリース初日に3億6000万円を超える膨大な量のアイテムが現金化され、わずか16時間で現金化することができない状況へと陥ってしまったことが話題となりました。

このCASHという現金化アプリはお金にしたいアイテムをアプリ内のカメラで撮影するだけで特に身分証明書の提示なども必要なく携帯電話のSMS認証だけで現金化することができたため、商品を送らないなど不正に現金化される恐れがあったのです。

しかし実際にはCASHでの不正に現金化されたケースはごくわずかで成功を収める結果となったのですが、そんな現金化アプリCASHと同じようなシステムとなる

  • 上限金額2万円
  • 身分証明書などの本人確認不要
  • 携帯電話のSMS認証で利用可能

といった内容となる「後払い」の決済方法を携帯キャリア決済現金化として活躍していたバンドルカードが導入したのです。

バンドルカードといえばこれまでドコモケータイ払いやソフトバンクまとめて支払いによってチャージすることが可能なスマホアプリとなるプリペイドカードとして携帯電話のキャリア決済現金化に活用されていました。

そんなバンドルカードでの携帯キャリア決済によるチャージが終了したタイミングで新たなチャージ方法として『ポチっとチャージ』という事前にチャージすることが可能な後払いによるチャージ方法が追加されたのです。

ではこのポチっとチャージによるバンドルカードでの後払いでの現金化について解説していきたいと思います。

これまでのキャリア決済現金化に利用されていたバンドルカード

バンドルカードでの携帯決済現金化

お金を工面するための方法として以前から「カードでお金」と書かれた看板のクレジットカードのショッピング枠を現金化する商売がありますが、近年ではこのクレジットカード現金化だけではなくスマホで買い物ができる携帯キャリア決済というサービスも現金化に利用されるようになりました。

この携帯キャリア決済の現金化は大手携帯キャリア3社によってそれぞれ利用可能なサイトは異なっていますが、主にamazonギフト券やiTunesギフトカードといったデジタルギフトを購入し換金する方法が主流となっているのです。

そんな携帯キャリア決済現金化ユーザーの大半は「バンドルカード」というスマホアプリにキャリア決済でチャージしamazonギフト券を購入し現金化する方法を利用していたのではないでしょうか?

バンドルカードは

  • ドコモケータイ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い

といったキャリア決済によってチャージすることができ、アプリをインストールすればすぐに使用することが可能なバーチャルカードということから携帯キャリア決済現金化に必要不可欠なアプリとして利用されていました。

注意※現在はバンドルカードへのキャリア決済によるチャージは利用できません。

そんな携帯キャリア決済の現金化するためにとても便利なバンドルカードで「今お金がなくても欲しいものが買える」というキャッチフレーズとなる後払いのポチっとチャージ機能が追加されました。

ではこのバンドルカードのポチっとチャージについて解説していきます。

先に買ってあとで支払える「後払い」となるポチっとチャージ

バンドルカードへの後払いでのチャージ方法

通常の買い物というのは商品と引き換えに代金を支払うことによって売買取引が成立します。

しかしながら近年では実際の店舗での買い物以外にもネットショッピングやフリマアプリが普及し決済方法というのも多様化しているのです。

たとえばネットショッピングの代金引換であれば通常の商品と現金が引き換えとなりますがそれ以外にも

  • クレジットカード払い
  • 携帯キャリア決済
  • 電子マネー払い
  • 銀行振り込み
  • コンビニ払い

といったようにさまざまな支払い方法の中から選択することができます。

そんな決済の方法のひとつに「後払い決済」というのが増えつつあることをご存知でしょうか?

  • ファッション系ショッピングサイトのzozoタウンで開始された『ツケ払い』
  • 人気フリマアプリとなるメルカリの『月イチ払い』
  • 楽天市場のフリマアプリのラクマの『Paidy翌月払い』

といったように最近のオンラインショッピングでは先に欲しい商品を購入することができ後日支払いをする方法となる「後払い」という決済のシステムが浸透してきているのです。

この後払いという決済方法はショッピングサイトでの支払い方法でしかありませんでしたが、プリペイドカードとなるバンドルカードでもポチっとチャージという後払いが導入されました。

ではこのバンドルカードのポチっとチャージの利用方法と注意点について解説していきます。

ポチっとチャージの利用方法

まずバンドルカードのスマホアプリをインストールし利用登録を行います。

まだバンドルカードのアプリがない方はこちらから

登録時の招待コード

vnxwus

を入力しますと200円がバンドルカードの残高にチャージされます。

バンドルカードの初回登録が完了しますと「チャージ」の項目から「ポチっとチャージ」を選択します。

登録時に必要な情報は

  • 名前
  • 生年月日
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号

という簡単な4つの情報を入力するだけです。

その後、SMS認証が完了すれば金額を指定しチャージが完了となります。

ポチっとチャージを利用する際の注意点

ポチっとチャージは1回のチャージごとに手数料が発生することになります。

  • 最低チャージ金額となる3,000円から10,000円でのチャージでは1回500円
  • 11,000円から上限金額となる20,000円のチャージでは1回800円

ポチっとチャージはお金がなくても上限2万円までの買い物ができる画期的なサービスといえますが、利用した金額は翌月末までに支払いをしなければなりません。

仮に支払いが未納な場合には遅延損害金が発生し思ってもいない金額が請求されることになりますので計画的に利用しましょう。

バンドルカードでの後払いによる現金化の方法

バンドルカードでの後払い決済の現金化

携帯キャリア決済の現金化としても活用されていたバンドルカードは審査不要で簡単に発行できるプリペイドカードですが、チャージをすればVISAの加盟店で買い物の支払いに利用できるカードとなるのです。

つまりバンドルカードのポチっとチャージを利用することによってアマゾンギフト券を購入し換金することが可能なのです。

バンドルカードのチャージ残高はVISAの加盟店で使用することができますので通常のクレジットカード現金化サイトでも利用することは可能でしょう。

そんな現金塾オススメの高い換金率となるアマゾンギフト券買取優良店といえば買取セブンです。

買取セブンは初めてのアマゾンギフト券現金化利用者でも親切・丁寧に担当スタッフが説明してくれますので安心して現金化できる人気サイトとなります。

まずは買取セブンからお申込いただければ即日でバンドルカードでも現金化できますよ。

関連記事

コメント

    • ロマーリオ
    • 2018年 5月 17日

    これまでドコモのキャリア決済をバンドルカードを利用して現金化していましたが、急にドコモの携帯決済によるチャージできなくなっており困っていました。

    でもこのバンドルカードのポチっとチャージが加わったことによって携帯決済を利用しなくても現金化することができます。

    ちょっと上限が2万円までというのは物足りませんが、とても便利なサービスなのではないでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。