店舗でのカード現金化となる新幹線チケット換金は違法なのか?

カードでお金の看板

世間一般的にはクレジットカードのショッピング枠現金化は法律で認められていない犯罪のひとつといったイメージがあるのではないでしょうか?

今現在でも「カードでお金」や「ショッピング枠を即日換金」といったようなクレジットカード現金化の看板があります。

もちろん表札のない雑居ビルの一室で人目に付かないように営業しているわけではなく、堂々と店舗を構えてクレジットカード現金化の業務を行っているのです。

ここで疑問に感じる方は少なくないでしょう。

消費者庁や国民生活センターではクレジットカード現金化の利用者に対し「債務が増大する可能性が高い危険な行為」として注意喚起を促しています。

そして過去に貸金業法違反などの犯罪によって現金化業者が逮捕された事例があるにも関わらず、店舗を構えてクレジットカード現金化としての商売をできるというのは矛盾しているのではないでしょうか。

ではこのクレジットカードのショッピング枠現金化というビジネスの素朴な疑問について調べていきたいと思います。

消費者庁や日本クレジット協会ではカード現金化を認めていない

クレジットカード現金化の注意喚起

世の中の常識というのは「情報」によって左右されています。

これまでクレジットカードのショッピング枠現金化というビジネスについて何の知識もない方がほとんどでしたが、クレジットカード現金化の利用者が増えたことによってニュース番組でも取り上げられるようになり、知った方も少なくないでしょう。

ただこのメディアによるクレジットカード現金化の伝え方は非常にネガティブなものであり、世間一般的にはクレジットカード現金化は違法行為として捉えられているのです。

そしてメディアだけではなく消費者庁や国民生活センターといった公的な機関でもクレジットカード現金化を利用しないよう注意喚起しており、日本社会ではクレジットカード現金化は認められていません。

ストップ!クレジットカード現金化キャンペーン

ではどのような点がクレジットカード現金化の問題となっているのかといいますと

  • 結局は債務が増えることになり支払いが困難になる
  • 現金化した結果、クレジットカードが利用停止になる可能性がある
  • 「入金されない」「キャンセルできない」といったトラブルも発生

といったような部分があり、クレジットカード現金化を控えるように警鐘を鳴らしているのです。

そしてクレジットカードの発行元となる各クレジットカード会社や日本クレジット協会でも同様に現金化業者を排除する活動を続けています。

ただこのクレジットカード現金化に注意喚起する公的な機関と今すぐショッピング枠を現金化したいと考えるユーザーの考えは一致するものではありません。

確かにクレジットカード現金化を利用することによって債務が増えることは間違いありませんが、そうでもしなければお金を工面することができない方が現金化を利用しているのです。

お金を必要とするユーザーにとってクレジットカード現金化は重要な資金調達方法

お金がないから現金化

いつの時代にも貧富の差はなくなることはありません。

裕福な暮らしをし続けている方もいれば常に支払いに追われて生活している方も少なくないでしょう。

結局のところクレジットカード現金化を禁止する行政機関やクレジットカード会社というのは、ある程度の収入がある公務員や大手企業となりますので現金化ユーザーとは異なった水準で生活しているのではないでしょうか。

基本的にクレジットカードのショッピング枠現金化ユーザーというのは

  • クレジットカードのキャッシング枠の残高がない
  • 消費者金融や銀行から借り入れができない
  • 早急にお金が必要

といった方が半数以上となります。

もし金融機関などから低金利でお金を借りることができるのであれば確実にそちらを利用するでしょう。

しかしお金を借りることができないためクレジットカードのショッピング枠を現金化しお金を工面しているのです。

たとえ現金化するために手数料があったとしても今すぐにお金が必要であり、唯一の資金調達方法となります。

新幹線の回数券でカード現金化する方法は違法なのか?

新幹線の回数券での現金化

店舗でのクレジットカードのショッピング枠現金化の定番となっているのが東京~新大阪間や東京~博多間といった需要のある新幹線の回数券の買取による現金化方法です。

カードでお金の店舗ではユーザーが手元に必要となる金額に応じた新幹線の回数券を指定されます。

そしてみどりの窓口などでクレジットカード決済で指定された新幹線チケットを店頭にて買取することによって現金化されるのです。

ではこの新幹線チケットを換金する現金化方法というのは本当に法律に違反する行為なのでしょうか?

今でもクレジットカード現金化は犯罪といった印象がありますが、数十年前から行われている商品買取での現金化は合法といえるでしょう。

なぜなら店舗での現金化業者は古物商の許可店として買取業務を行っているだけに過ぎません。

たとえクレジットカードで購入した新幹線チケットだとしても、それを換金することが法律に抵触することはないでしょう。

新幹線チケットでの現金化に違法性はないがユーザーが利用規約違反となる可能性

クレジットカード利用規約違反

法律というのは日本の国内でのルールとなり、日本で生活しているすべての方が守らなければなりません。

新幹線チケットを購入し換金する現金化方法は法律に違反していないため合法といえるでしょう。

ただ、クレジットカードでの買い物というのはクレジットカード会社による利用するための規約というルールがあるのです。

このクレジットカードの利用規約では「換金目的での使用」は禁止されています。

そのためもしクレジットカード会社に現金化の利用が発覚すれば

  • クレジットカードの利用停止
  • クレジットカード会員の強制退会
  • 残債の一括請求

といった厳しいペナルティが科せられる可能性があるのです。

このクレジットカード現金化を利用するリスクを国民生活センターなどで注意喚起していますが、それでもお金が欲しい現金化ユーザーはカードでお金の店舗に足を運んでしまうでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。